タイムマシン

作者 石濱ウミ

41

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

恋をする。別れる。同窓会で再会。
このベタな展開の中に、小道具のタイムマシンがキラッと入る
絶妙なバランスでした。

とくに、(わざと?)冒頭のハードめなSFを、
中盤の学園ドラマと同窓会展開で忘れさせておいて、
ラストに登場する司くんに「ゾクッ」としました。

含みのあるラストも素敵です。

★★★ Excellent!!!

夢の実現に一生をかける者がいる。
それ自体は別段に悪いことではないのだけど、どうしても大人になるにつれて悟ってしまう。もしかすると、夢を叶える事と幸福な一生はイコールじゃないのかもしれないって。

これは叶わないはずの夢を叶えた人間の物語。
されど子どもの時に思い描いたような勝ち負けは人生になく、等しく流れた時間と取り残された現実だけがそこにはあった。

誰が勝者なのかを決めるのは、結局のところ本人だけなのだろう。
切なくカッコいい大人の物語をお探しであれば、是非!