15-1

 一連の出来事の終結を宣言された日以来、グレイはフォシアのもとを訪れなくなった。

 だがそれは、元の生活に戻ったというだけで、おかしなことではない。

 むしろ用がなければ訪れないのは普通の状態だと言えるはずだった。


 晴れてアイザックの魔の手を退け、自由に出歩きができる身になっても、フォシアは部屋で塞ぎ込む日々に逆戻りしていた。

 自分がこうやって塞ぎ込んでいるせいで、まだルキアがヴィートの元に行けないのだとわかっていても、どうしようもなく気が塞いだ。


(グレイさんには……迷惑……だったのかしら……)


 彼の最後の態度を思い出すと、急に足元が崩れたような不安に駆られる。

 だが考えてみれば当然かもしれなかった。――グレイはヴィートに頼まれて、この厄介な事態に巻き込まれたのだ。しかも多大なる貢献をしてくれた。


 心の底から感謝しているし恩も感じているが、グレイにとってどれほどの見返りがあったのかはわからない。むしろひたすら迷惑をかけていただけなのかもしれない。


 グレイの少し不器用な優しさを――ただ勘違いしてしまっていたのかもしれない。


 そう思うと、頭上に厚い雲がさしたように視界が暗く、胸が重くなる――。


「フォシア? 入ってもいい?」


 姉の声に、フォシアははっと顔を上げた。

 すぐに扉が開かれ、自ら茶器を手にしたルキアが立っていた。

 テーブルを挟み、二人分のカップを置き、中央に茶菓子を置く。


「……ここのところずっと元気がないわ。どうしたの?」


 これまでずっとそうだったように、真摯に案じてくれる声がフォシアの胸にじんと染みた。すぐには答えられず、それでも急かすことなくルキアは待っている。


 やがて、少しためらいながらフォシアは切り出した。


「あの……、グレイさんは、迷惑だったのかしらと思って」


 そう言うと、ルキアの目が見開かれた。


「迷惑?」

「そ、そうなの。だって、今回の件で迷惑をたくさんかけたのは事実だし……せ、先日も、早く帰りたいというようなご様子だったから」


 目を丸くしながら、ルキアはぱちぱちと数度瞬いた。それから少し考え込むように首を少し傾げ、


「……迷惑といっても、フォシアのせいじゃないでしょう。アイザックとエイブラにすべての非があるわ」

「でも、」

「フォシアは悪くないわ」


 ルキアははっきりと言い切った。今回の一件に関して、姉の主張は頑なといえるほどに一貫していた。――だからこそ、一時は自分の身を呈してまで事態を収束させようとしてくれたのだ。


 そんな姉の態度にくすぐられるような心地よさを覚えつつも、フォシアの気分は晴れなかった。

 ルキアもまたそれを察してか、言葉を続けた。


「グレイさんのことをよく知っているというわけではないけれど……本心ではどうでもよかったとか、渋々ながら協力してやったというようなことを考える人ではない気がするわ。少し素っ気ないところはあっても、誠実な方だと思うし」


 フォシアはうなずく。胸のうちが少しだけ波打ったのは、ルキアのほうがグレイを理解している――そんなふうに思ってしまったからだ。


「……グレイさんの態度が気にかかって落ち込んでいたの?」


 ルキアが数度目を瞬かせる。

 フォシアは少しためらったあと、うなずいた。


「ジョーンズさんがどう思っているのか、何を考えているのか、わからなくて……。も、もし不快に思われたり、疎ましく思われていたら……」


 言いながら、フォシアの声はかすかに揺れた。

 ――グレイに嫌われていたら。


 そう思うと、動けなくなるほど怖かった。知人と思っていた令嬢に裏切られてアイザックと引き合わされたときでさえ、こんなおそれは覚えなかったというのに。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る