13-1

 そこまで親しかった相手でも、特別に信頼していた相手でもない。――だが、こんなことをされるほど嫌われていたのか。


 男がまた、一歩近づいて来る。


「る、ルキアが、ルキアを呼びます……っ」


 とっさにそう叫ぶと、不自然なほど笑みを露わにしたアイザックの顔に、つかのまだけ怒りがよぎったようにみえた。だがすぐにそれをかき消すように、甲高い笑い声が響いた。


「あんなか弱いご令嬢に何ができます? ――ああいや、小賢しい真似はできるのでしたねえ。老いぼれ神官を籠絡して我が父の邪魔をさせようとするぐらいには」


 あんな貧相な体で。

 粘ついた嘲笑の声が、フォシアの耳を侵した。

 ――とたん、強い吐き気がフォシアの中を衝き上げた。

 この目の前の男は、汚らわしい言葉でルキアを侮辱した。


「同行していて、これほど近くにいたというのに、私とあなたのに気づかなかったと知ったら……さぞかし悔やまれることでしょうねえ」


 おそろしい男が、アイザックが距離を詰める。

 恋の成就という言葉はひどくおぞましく禍々しく響き、フォシアの全身に怖気がはしった。

 同時にぐらりと目眩がし、喉が詰まった。


 ――この男は、ルキアを侮辱した。

 ――この男の前でなお、とっさにルキアに助けを求めてしまった弱い自分。

 ルキアを巻き込んではいけないと――そう思うよりも先に、助けを求めてしまった。


 フォシアは喉をしめつけられたような苦しみを感じ、声をあげようとして、脆い吐息だけがこぼれた。

 震える足で、後じさる。嫌悪と恐怖とで足がすくみそうになる。


(だ、れか……)


 姉を、ヴィートを、両親を思った。

 そして銀に似た灰色の瞳をした涼やかな青年を思った。

 とたん、熾火のように胸に彼の声が響く。


『あなたは臆病で卑怯な人間などではない』


 グレイは、そう言ってくれた。


『それもまた、勇気と言わずして何というのですか』


 涼やかな目。冷徹に見える双眸の奥に、不器用さをのぞかせたグレイの真っ直ぐな眼差し。

 フォシアは強く奥歯を噛んだ。


 ――動いて、逃げるのだ。いますぐに。自分の足で。


 身をよじり、壁伝いに出口へ向かおうとする。


 アイザックが小走りで距離を詰めた。フォシアもまた駆けた。ほんのわずかな距離であるはずなのに、日頃走ることなどしない足にドレスの裾が絡まる。

 無造作に腕を掴まれる。指が食い込んでくる痛みに、フォシアは小さく悲鳴をあげた。


「話をしようともせずに逃げるなんて無礼じゃないか」

「は、離し……っ」


 とっさにあげた声が途切れた。

 突然腕を引かれたかと思うと壁に後頭部を打ち付け、フォシアの息が一瞬止まった。視界が明滅し、背中全体に固い壁が当たった。


「こちらが優しくしてやったのに、いい気になりやがって!」


 唾が飛び、アイザックの荒い声がフォシアの耳をつんざいた。

 打ち付けられた痛みに顔を歪めながらかろうじて目をあけると、怒りにかられ、紅潮し歪むアイザックの顔が間近にあった。


「お前なんか、本来なら僕に声をかけられることもない卑しい家の娘なんだ! それを、その顔に免じて僕が慈悲をかけてやると言ってるんだぞ!」


 アイザックの両手がフォシアの両腕に食い込み、激しい苛立ちをあらわすように揺さぶった。


「お前なんか、顔だけだ! 勘違いするな!」


 激しい怒声を浴びせられ、フォシアは凍りついた。

 はじめて直面する露骨な怒りと暴力の気配は、全身を殴りつけてくるようだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る