婚約破棄された令嬢は、灰の貴公子に救われる~叶わぬ恋に別れを告げて~

永野水貴

「妹のために家を出た令嬢を、婚約者が待っていた。」(ルキア編)

第1話

「そういうルキアが嫌いだ」


 口下手な婚約者が顔を歪めてそう言ったとき、わたしは雷の直撃を受けたような衝撃を受けた。

 彼がこんなはっきりとした言葉を、感情を突きつけてくるのははじめてだった。


 なのに粉々に砕けた心の中で、皮肉にも揺れていた決意が固まった。

 ――ああ、やはり。


 フォシアとヴィートの前からいなくなろう。


 


   ◆




 わたしの前に続く長く険しい坂道は、神殿に至るまでの試練の一つであるらしい。こんな長い坂道は、よほどのことがなければのぼらない。ましてその先にあるのが、世俗から隔離された古い神殿ともなれば。

《太陽の神殿》。そこは特別に敬意をもってそう呼ばれている。


 神殿にたどりついてその中に入ってしまえば、わたしは世俗とは隔絶される。神殿では修道院より出入りが厳しく制限される。この坂の上では特にそうだ。

 一度入ればたぶん――死ぬまで出てくることはないだろう。

 ――それなりの貴族の令嬢の身で、神殿に仕えることになった者はわたし以外にいるのだろうか。


 太陽の名を冠するかの神殿に到着して振り返ったとき、わたしの目に映る大きな太陽は世俗で培われた雑念や邪念も焼き尽くしてくれるのだろうか。


 太陽。その存在について考えていたらふと、いま天に浮かんでいるものが気になり、坂の途中で立ち止まって空を見上げた。

 青い空に浮かぶ強烈な光源に、一瞬目が眩む。


 目を地上に戻すと、まぶしさに射られた目に涙が滲み、瞬きをして堪えた。


 ああ、この眩しい輝きはまったく、わたしの妹を思わせる。

 類い希なる美貌を持ち、誰からも愛される妹(フォシア)と。


 両親が妹を溺愛し、わたしにはほとんど関心を向けなかったのも無理のないことだったろう。虐げられないだけましだったのかもしれない。

 フォシアの婚約が白紙になった原因をつくったと責められたときも、反論はしなかった。


『ごめんなさい、ルキア……』


 そう言って、蜂蜜色の大きな瞳いっぱいに涙をためていたフォシアの姿を思い出す。

 フォシア。わたしの妹。三つ年下の、何もかもがわたしと違う妹。

 フォシアはほとんど泣き崩れんばかりだった。その傍らの、呆然としたヴィートの顔。


『なぜ――』


 ヴィートとは十年近く婚約関係にあったのに、あんな顔ははじめて見た。

 驚き、呆れ、怒り、不審――そのどれもが混じったような。

 ――《太陽の神殿》に仕える、だからあなたとの婚約はなかったことにしてほしいといった直後の反応だった。


 その数日前、ヴィートとは別のことで口論になった。ここのところずっとヴィートは不機嫌だった。――わたしといるから不機嫌なのかもしれなかった。

 だから婚約を解消してほしいと言ったとき、むしろ安堵や素直な受け入れの反応を覚悟していた。もし実際にそんな反応をされていたら、きっとわたしは耐えられなかっただろう。


 フォシアよりも頭一つ分ほど大きな彼は、ただただ涙するフォシアを自然と抱えて支えるようにしていた。その光景を見たとき、わたしは自分が思いのほか動揺し、胸に痛みのようなものさえ覚えていることに気づいた。


 フォシアとヴィートは、一幅の名画のようだ。

 ――お似合いの二人。世間が、そう噂した通りだった。


 二人は輝ける太陽で、わたしはその足元に落ちる影。

 そんな嘲笑にも半分はうなずき、半分は反発もしていた。


 わたしとヴィートの婚約は十年前に決まった。家格も年齢も釣り合っていて、わたしの家もヴィートの家も、中堅貴族という現状維持以外には高望みはしないほうだったからだ。よくある政略結婚だった。


 それでも出会った頃のヴィートを、わたしはいまでも覚えている。

 確か八歳ぐらいのとき。今以上に無口で口下手で、彼のおしゃべりな両親からは心配され半分呆れられていた。


 整った顔立ちだけに、むっつりと黙り込むと威圧感があって、同い年の子供から遠巻きにされていた。不機嫌とか怒っているというように見えたようだ。


 そんなヴィートに、なぜ幼い頃のわたしは近づいていけたのかはよくわからない。

 不思議と怖くなかったようで、なんとなく、ヴィートの沈黙が意味するのを感じ取れたのだと思う。

 腕を組んで眉をひそめていても、それは不機嫌ではなく“困っている”だとか。唇を引き結んで険しい顔をしても、怒っているのではなく“驚いている”のだとか。


 ――言葉にしなきゃ伝わらないわ、と幼かったわたしは訳知り顔に何度も言った。

 根が真面目なヴィートは、やはり少年には似合わぬ厳めしい顔でうなずいていた。


 十年の間に、そのヴィートは美しい青年に育った。赤みのある金髪にヘイゼルの瞳は陽光の色合いを思わせ、輝かんばかりの美少女であるフォシアの隣に立っても何も劣るところがない。

 二人は性格にも似ているところがある、と思っていた。


 だから――二人が仲睦まじくしていても、それに対して邪推などしないようにしていた。

 たとえヴィートに顔をしかめられ、やがてはっきり決定的な言葉を突きつけられても。

 お前が嫌いだと、言われても。


 想い合う二人を邪魔する姉、婚約者の心を奪われて滑稽な姉。

 やがてそんな噂が立つようになっても、わたしはそれを否定しなかった。




 坂をのぼる。息があがり、足はもはや棒のようだ。ふだん平坦な道とてそれほど歩くことすらしていないのだから、長く傾斜のある道など言うまでもない。

 何度か立ち止まっては進んだ。家のこと、友人のこと、妹のこと、婚約者のこと――複雑にもつれた糸のように様々な考えが浮かんで、何度もうずくまってしまいそうになった。


 でもそのためか、坂をのぼりきろうとする頃には考えることにもすっかり倦んで、疲れていた。

 それで、ようやくたどりつく。

 遠かった神殿の影がずいぶん鮮やかに、大きく見えた。目前に迫っている。


 ああ、ようやく――。

 思わず長々と息を吐き出そうとして、止まった。


 そこにまばゆいものがあって一瞬目が眩む。

 ――坂道の頂点、神殿を背に立ちはだかる人影。

 赤みのある金の髪は、まるで地上に落ちた一滴の太陽のようで。


「――ルキア」


 抑えた、低い声が耳を打つ。わたしは呆然とした。


 ――どうして、ヴィートがこんなところに。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る