異世界プロレス~引退試合で死亡したプロレスラー獣神ジャガーキング。転生先の世界で本物の獣神となる~

作者 骨折さん

345

120人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

結論から言います。面白い。

余りプロレスには詳しくはないですが、もしプロレスラーが異世界に転生したらこんな感じになるんだろうなぁ、と大いに想像できてとても魅力的な作品だと感じました。

舞台設定や境遇など、異世界にありがちな暗くて疎ましい出来事も起こりますが、それを軽快に晴らしてくれる一人称視点の主人公語り口が、暗くなりがちな世界観に笑いとエロというエッセンスを加えてくれます。


これぞWeb小説!楽しく読むことが出来る物語は、見た後も満足感がありますね😊

★★★ Excellent!!!

読みやすいし、展開もサクサク、すぐに引き込まれるので、細かい事をここに書くよりとりあえず読んでみて!絶対面白いから!と声を大にして言いたい。
ヒロインは二人。一人は巨乳ケモ耳獣人で、もう一人はスレンダーなアルラウネ。二人ともこの上なく魅力的。その上、大層えっちでござる。もうご馳走様としか言いようがないのでござる。ご馳走様でござる!!!(はっ、いけない……興奮しすぎて私の中のサムライが目覚めてしまった。

★★★ Excellent!!!

 引退試合で死んでしまったプロレスラーが異世界転生して、転生先でも、プロレスを繰り広げるという……

 いやもう、オリジナリティーが溢れすぎてますよ骨折さま!!笑

 「異世界」と「プロレス」という、この、見た感じミスマッチング感のある設定を見事に融合させた骨折さまに脱帽でございます。

 どこかの応援コメントでも書きましたが、骨折さまの特徴である一人称主体の文体と今回の物語性が非常にマッチングしてる。

 物語への没入感がすごい。

 異世界の貴族の嫡男として主人公は生を受け、あらいいじゃないのと思いきや、そんなこともなく、いきなり家族の闇を垣間見る展開。

 そんな不遇の境遇も意に介さず修練に励む主人公……シュールすぎる笑

 メインのヒロインは2人。

 片方が一風変わった設定を採用しているため、ヒロイン同士で対立しないのが、なんというか、骨折さますごく上手いと思いました。

 ちなみに結構エロいです笑

 そして、やっぱり面白かった、戦闘シーン!

 個人的には、ちゃんと異世界の魔物の攻撃を、主人公が肉体で、全力で受けるところが、と~ってもクラシックで好き笑

 その上で、主人公が果敢にプロレス技を決めにゆく。

 他のどの小説よりも、間違いなくこの作品、主人公から、汗が出ていることでしょう。だがそれがいい笑

 また、「国をおさめる」という、おそらく骨折さまのテーマ性のようなものも、途中から展開されていきます。

 いい感じに物語が、右肩上がりに上がっているような印象。

 ……と、思ったら、最新話でヒロインのガッツリ非業展開。

 いや、これ……えっ、これざまぁになりますか?(ハテナでレビュー終わってしもうた笑)

★★★ Excellent!!!

獣神ジャガーキングとしてプロレス界を歩んできた岳人。引退試合で反則技を食らい彼は命を落としてしまう。

だが、ドジな女神により異世界に転生。奴隷制が蔓延る世界で、欲望者(グリード)と退治しながら、奴隷の解放に向けて動いていく。

獣人のリリ(かなりエロい)や植物の妖精・マシュ(天真爛漫)などのかわいいお供を連れて、岳人は前世の技と鍛練で勝ち進んでいく様が爽快です!
是非、読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

異世界においてのプロレスラーの立ち回りが学べます!\\\\٩( 'ω' )و ////(え?)

ガクトは現世では有名なプロレスラーだったが、引退試合で命を落とし、ひょんな事から異世界に転生した。
そこでは貴族の家ながら不遇の扱いを受ける息子として育つも、元々の正義感から力強く育っていく。

そんな中、グリードと呼ばれる危険で未知なる存在に襲われるも何とか撃退。
だが母殺しの汚名と罪を着せられ投獄されてしまう。

数年後。
辺境の領土に厄介払いされる事になるのだが、それまでの中で知り合ったアウラウネのマシューと、幼き頃より親しかった奴隷のリリと共に、そこで逞しく育っていく。

と、ざっと序盤はこのようなあらすじで進んでいきますが。
やはり見所はプロレスラーらしさです!

幼き頃から、現世で習慣づいてしまったトレーニングは欠かさず。
敵に対して狙う技もプロレス技。
何より人助けの際は覆面レスラーとして戦う様は、普段の異世界ものでは感じられない独特さがあります。

勿論骨折さんらしい策士な話や人情劇も健在。
泣かせて、笑わせて、ちょっとえっちな事もあるあたりは相変わらずのメリハリがあります。

文章も相変わらず読みやすく、しかし浅過ぎず。
非常にバランスが良くまとまっています。

まだまだ領土も発展途上。
それだけでなく、色々自身にも絡む気なくさい敵も暗躍しておりますが、まだまだ楽しませてくれる事間違いなし!

という事で、プロレスラー好きも、異世界転生好きも是非読んでいただきたい作品です!\\\\٩( 'ω' )و ////

★★★ Excellent!!!



 プロレスラーが異世界に転生するという設定を見て、明らかにに面白そうですが、それだけじゃないです! 戦闘を読み慣れたファンタジー好きな読者でも、プロレスラーとしての戦闘描写は新しく、新鮮さを与えてくれるかと思います。

 主人公のキャラもたっていて、設定にキャラクターが負けていないのがまた一つ、作品として完成度を上げていると思います。

 是非、気になった方は御一読下さい!!

★★★ Excellent!!!

 引退試合で命を落とした壮年プロレスラーが、女神の願いを受けて異世界へ転生し、獣神ジャガーキングとして虐げられている獣人たちを助けていく、異世界転生ヒロイックファンタジー。

 園芸を愛するプロレスラー獣神ジャガーキング、ことガクトは、引退試合で相手の反則行為により命を落してしまいます。目覚めた彼の前には、いかにも女神といったふうの女性がおり――。
 導入はいかにもテンプレ通りの異世界転生ですが、ここに一つ「女神の手違い」が混ぜ込まれています。
 彼女が行かせようとしていた世界はとても危険な場所であり、本来なら「惑星の英雄」レベルの転生者がチート能力をもって立ち向かうべき敵がいると。しかし、うっかり女神様は名前を間違って、本来なら死ぬはずのなかったガクトを連れてきてしまったのでした。

 そういうわけで、ガクトの転生先は誕生直後から逆境のオンパレード。それでも、弱き者を愛し鍛錬を怠らないストイックな性格の彼は、苦境をバネに自分をひたすら鍛えてゆきます。
 貴族家の産まれながら親から疎まれ、投獄され、ついには不毛の砂地へ追いやられ……しかし、ガクトの格闘家魂は、どんなピンチもチャンスへと変えてゆくのです。

 熱い戦いあり、理不尽な謀略あり、ほの甘いハーレム展開もあり。
 楽しく読める作品です。ぜひご一読ください。

★★★ Excellent!!!

プロレスを全然知らない♀でも最高に楽しめました!!(^○^)

現世でプロレスラーだった主人公が、異世界でプロレス技を駆使して活躍していく物語です。
敵を倒していく場面がスカッとするのは勿論のこと、ガクトの心の声が面白すぎて毎話必ず一回は爆笑させて頂きました😁

それだけではなく、ダブルヒロインのリリとマシュが可愛いこと可愛いこと…
ちょっぴりエッチなシーン、いや結構ガッツリ大人向け(?)なシーンはあるものの、ガクトが飄々としているので全く嫌らしくなく、むしろヒロインの可愛さに拍車がかかっている所が素晴らしい👏
もうこのヒロイン達に会えるだけでも読む価値あります!!

物語もよく構成が考えられており、ガクトが披露する農業の知識には、こちらもなるほど、と感心させられます(*^^*)
最初から最後まで飽きさせない手腕が素晴らしい作品です✨ぜひご一読あれ!




★★★ Excellent!!!

プロレスラーの岳人(ジャガーキング)が異世界に転生して繰り広げられるお話です。

この主人公はいわゆるチート能力は持っていなくて、赤ちゃんの時からスクワットして努力して強くなっていきます。
赤ちゃんがスクワットしてコテンと尻もちをつく場面が可愛すぎて悶絶した記憶があります。(笑)

そして努力して力をつけた岳人は異世界の地でできた大切な人を守るためにプロレス技を駆使して戦います。

私はプロレスに全く興味が無いのですが、このお話はプロレスを知らなくても楽しめちゃいます。むしろ、このお話を読んでプロレスにちょっと興味が出てきたくらい。

ヒロイン二名がまた魅力的で、ちょっとハーレム要素?はあるのかなぁ?

まだまだ始まったばかりのお話ですが、これからどうなっていくのか楽しみです。

★★★ Excellent!!!

プロレスラーから転生した主人公。

転生先でも武器は持たずにプロレス技で闘います。
激しい肉弾戦と巧みな技の数々に圧倒されつつもプロレスを観てるようなスカッとした快感も与えてくれるオススメしたい作品だと思います。

今後…、主人公が繰り広げる闘いと、ヒロイン2人の関係が気になります(>_<)

★★★ Excellent!!!

 転生モノのテンプレなどは知らない私ですが、文面から伝わる熱いものはよくわかります。

 今とは随分、違う、20世紀末のプロレスが持っていた「細かい事は知らなくても楽しめる」という空気があり、それに加えて知っていればより楽しめる物語です。……いや、楽しめるではなく、燃え上がるという言葉が相応しいです。

 転生ですから冒頭で死にます。

 酷い目にも遭います。

 でも、その扱いにも、どこか悲壮感がないのは、ショー的な要素を持ちつつも、「相手の攻撃は受けなければならない」とか「相手の力は120%まで引き出さなければならない」とか「寧ろ敵と自分の衝突は足し算ではなく掛け算」とか、そういった古いプロレスのお約束にあるタフネスさを感じられるからだと感じられます。

 まだまだ序盤、今、あげられている13話という時点ですが、この物語には続きが読みたい飢餓感を憶えます。

★★★ Excellent!!!

みんなプロレス好きか?
そうか、好きか。もちろんそうだろうな。
まだ2話しか読んでない人間に、しかも平日の深夜に勢い余ってレビューを書かせるというエネルギーが秘められています。
語り口も軽快、導入もテンプレ通りで取っつきやすく、プロレス好きなら…いや、そうでなくとも!楽しいは正義だ!!