人類の遺言

作者 辰井圭斗

夢のある物語

  • ★★★ Excellent!!!

SFってある種、創作物の中でも物凄い割合で夢によって出来ているものだと思うんですよね。

そりゃあ、サイエンス・フィクションですしね。ファンタジーは何処までいってもファンタジーであって幻想であり、ホラーは非日常の体現で、恋愛も現代ドラマも日常の延長線で。

そんな中でSFは未来と夢、それから幾らかのロマンスで出来ているように思うんです。

冒頭、なんのこっちゃと思われたかと思いますが、私はこの物語みたいな人類滅亡っていうのが夢のある話だなと感じるんですよ。

『ある意味、愛おしい』。この一言で人類の歴史なんて十分なんです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

縋 十夏さんの他のおすすめレビュー 107