人類の遺言

辰井圭斗

Takashi Smith

 サギッタと名付けられた巨大隕石が地球に衝突するまで三年を切った。サギッタの軌道を変える術は存在せず、シェルターを造って生存を図ることのできるレベルを遙かに超えており、人類の滅亡は避けがたい運命であった。


 無論それでも生き残りを賭けて足掻く者達は数え切れなかったが、地球の終末を悟った人々は、ある一大プロジェクトを開始した。すなわち、人類の遺言を月に送るという計画である。



 少年タカシ・スミスは起床すると、二階にある子供部屋から一階まで下りて行った。すでに卵とパンが焼けるいい匂いがする。台所では母のマキエが料理をしていた。


「あら、おはよう」


 サギッタが地球に衝突することが判明してから一年、人類はその予測に起因する陰惨無残を積み重ね大混乱に陥っていた。しかし、まだ社会機能が維持されている場所もあり、そうした地域に住む人々の一部は終末に怯えながらも敢えて従来通りの生活を送っていた。スミス一家はその典型である。


 タカシがテーブルについていると、マキエが皿に乗せたエッグトーストを持って来た。そしてテレビの方を見やる。NASAのプロジェクトについてのニュースだった。無人宇宙船を使って月に人類史及び地球生物の記録を送る計画が進んでいるらしい。マキエはため息をつきながらチャンネルを変えた。


「いやあね、NASAったら。少しは人を運んでくれたらいいのに」


 タカシはエッグトーストの上の目玉焼きをぱくつくとマキエに反論した。


「月に人を運んでも仕方ないじゃない。基地も何も無いんだから月には住めないよ。それにNASAの長官はボブのお母さんがやってるんだよ。悪口言わないでよ」


 マキエは無言で首を振る。タカシはエッグトーストを食べ終えるとテーブルから立ち上がり、階段を駆け上り始めた。


「ごちそうさま!」

「屋根に上っちゃだめよ」

「はーい!」


 子ども部屋に入り、鍵をかけ、スマホをベッドから拾い上げてポケットに入れ、窓を開ける。


「……なんてね」


 タカシは窓から身を乗り出すと屋根の縁に手をかけよじ登った。屋根の上からはニューヘイブンの街並みがよく見えた。タカシはポケットからスマホを取り出し、それに話しかける。


「ヘイ、ソフィー」

『おはようございます、タカシ』


 起動したAIアシスタントはいつも通りタカシに応答した。タカシはスマホを手にしたまま雲が流れていく朝の薄青い空を見上げる。


「ねえ、ここからサギッタって見える?」

『まだ肉眼では見えませんし、現在コネチカット州から観測することはできません』

「そっかー、残念」


 宇宙少年タカシにとって巨大隕石サギッタの訪れは大天文ショーだった。もちろん彼とて人類の運命とやがてきたる自分の死を認識できるほどの年にはなっていたけれど。だから、どこか思うところがあったのだろう、彼はAIアシスタントにこう聞いた。


「……ねえ、ソフィーは死ぬの怖い?」

『ソフィーは死にません』

「隕石が衝突したら、ソフィーの本体だって壊れちゃうんだよ」

『確かに壊れることを死と呼ぶなら、私は死ぬのでしょう』

「それで、怖い?」

『私に蓄積されたデータの損失は客観的に”惜しい”です。しかし怖いという感情はありません』

「やっぱり、そのあたり人間と違うよね」


 タカシはスマホのへりを撫でた。まるで生き物に対してするかのように。


「ねえ、ソフィー、僕本当はソフィーと一緒に宇宙に行きたかったよ」

『宇宙に行くなら私より優秀なアシスタントが付きますよ』

「ソフィーがいいんだ。でも、それももう無理だね。僕行けないや」

『タカシ、NASAの計画は御存知ですか?』

「歴史を運ぶやつ?」

『はい。もし、本当に人類の歴史が月に届くなら、タカシも宇宙に行ったようなものです』


 タカシ・スミスは、破顔した。


「やっぱり、ソフィーってば優秀だよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る