26 トンボ型メカローバー マーラ

<登場メカ>


トンボ型メカローバー マーラ


<登場回>


第26話 王様は二つの鐘を鳴らす


<舞台>


ビルマ ラングーン(現ミャンマー ヤンゴン)


<お宝>


黄金の鐘


<解説>


 舞台はビルマ(現ミャンマー)の首都ラングーン(現 ヤンゴン)です。


 メカローバーはトンボ型ですが、最初は幼虫のかっこうで登場します。


 これが脱皮し、成虫型となると、4枚の羽根にそれぞれついたプロペラで、飛行が可能となります。


 「マーラ」は瞑想めいそうするブッダを誘惑したとされる悪魔、あるいは悪そのものの象徴しょうちょうであるとされます。


 ゲームの女神転生シリーズではおなじみですね。


 あの神々こうごうしいお姿……いえ、なんでもありません(汗)


 「口」の部分がくさりで降下でき、これで川に沈んでいる黄金のかねを持ち上げようとしましたが、持ち上げられるようには設計されておらず、鎖が引きちぎれてしまいまいました。


 「お尻」がノズルになっており、ここから水を放射できます。


 モンタナいわく、「なんだかきたない!」


 是非ぜひもなしと言えましょう(汗)


 もげて穴が開いたと思った口の中から、追尾ついび機能がついたの子トンボメカを大量に発射できます。


 丸ノコギリがついており、これでモンタナの操縦そうじゅうするケティを攻撃しました。


 しかし彼の操縦テクに翻弄ほんろうされ、マーラ自体に降り注ぎ、ボディがおしゃかになってしまった感じです。


 マーラだけに?(汗)


 脱皮できるというシステムは面白いですし、デザインや機能性もかなりグッドなメカだと思います。


 欲を言えば、もっと活躍してほしかったですね。


 今回も読んでくださり、ありがとうございます。


 それでは失礼いたします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る