20 白熊型メカローバー ディアボル

<登場メカ>


白熊型メカローバー ディアボル


<登場回>


第20話 寒い国から来た招待


<舞台>


モスクワ・クレムリン


<お宝>


聖母マリアの絵(イコン)


<解説>


 舞台はモスクワのクレムリン、お宝は「イコン」と呼ばれる聖母マリアの絵です。


 「アイコン」の語源ですね。


 この絵をめぐり、クレムリン宮殿内で陰謀いんぼうがうずまいているようです。


 モンタナたちが宮殿へ乗り込もうとしているところへ、さっそくディアボル登場。


 しかしこのときは、毛皮(?)をかぶって白熊に擬態ぎたいしていたので、彼らは本物の白熊だと思っています。


 本物にしては明らかに動きがおかしいのですが(汗)


   *


 宮殿への侵入に成功したものの、モンタナとアルフレッドは兵隊に捕まってしまい、チェルニコフ大佐のもとへ連行されてしまいます。


 なんと大佐は、ロシアの貴重な文化遺産を密売し、私腹を肥やしていたのです。


 彼はアルフレッドを脅迫し、マリアの絵のありかを解読するよう迫ります。


   *


 お宝を発見し、まんまと大佐を出し抜いてロシアを去ろうとする一行。


 しかし、背後からディアボル登場!


 今度は完璧にメカローバーの形態です。


 本体にはニトロ博士のみ搭乗し、ゼロきょうらを乗せたソリを引っ張っています。


 白熊の歩行を再現しているのはともかく、機動力が高すぎるのはいつものオーバー・テクノロジーですね(汗)


 と思ったら、さらにうしろから大佐の乗るハイテク雪上車が登場。


 ディアボルは追い抜かれてしまいます。


 ゼロ卿はメカローバーをムチでひっぱたきますが、ニトロ博士は「レース用じゃない!」とご立腹です。


   *


 モンタナたちはケティをとめてある雪原へと到着。


 当然、ゼロ卿たちも追ってきます。


 ここでディアボルの秘密兵器(ニトロ博士談)炸裂さくれつ


 なんと爪型ミサイルです。


 爪の数だけミサイルを発射できますが、いずれもケティを落とすにはいたりません。


 しかも、爪がなくなってしまったので、ディアボルはずっこけてしまいます。


 スリムからまでバカにされる始末。


 しかしさすがはニトロ博士、サブシステムをちゃんと用意してありました。


 スパイクのついた車輪が出てきて、寝そべるような体勢で氷の上でもすいすい。


 しかしながら、このかっこうは間抜けすぎます。


 ロシアだけに土下寝でしょうか?(汗)


 しかもニトロ博士、四輪駆動に変形したときのブレーキをつけるのを忘れておりました!


 そのまま大佐の車に衝突してさようなら。


 スパイクで傷をつけたため、氷が割れてその中へ沈むことに。


 ゼロ卿はケティから風邪薬を落とされ、いつものセリフです。

 

 今回は演出が非常に凝っていて楽しめる回でした。


 ただ、演出が凝っている回は、あまりメカローバーが活躍していないような気もします(汗)


 読んでくださり、ありがとうございます。


 今回は寒いところだったので、次回はまた熱いところかな~?


 それでは失礼いたします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る