17 装甲ハングライダー ワルキューレ

<登場メカ>


装甲そうこうハングライダー ワルキューレ(モチーフはワシ、4機登場)


<登場回>


第17話 白鳥城からの脱出


<舞台>


南ドイツ ノイシュヴァンシュタイン城


<お宝>


バイエルン王 ルートヴィヒ2世の甲冑かっちゅう


<解説>


 舞台は「白鳥城はくちょうじょう」の別名を持つ、ノイシュヴァンシュタイン城です。


 リヒャルト・ワーグナーのオペラに心酔して彼のパトロンをやっていたルートヴィヒ2世の居城ですね。


 「白鳥城」の呼び名はおそらく、ワーグナーのオペラ「ローエングリン」にも由来するのでしょう。


 「白鳥」の化身である英雄ローエングリンと、ヒロイン・エルザが結ばれる悲恋の物語です。


 「第3幕への前奏曲」や「婚礼の合唱」が有名ですね。


 あれ、これは何のエッセイでしたっけ?


 たいへん失礼いたしました(爆)


 今回は「最後の最後にメカ登場パターン」です。


 お宝をゲットし、ロープウェイで逃走するモンタナたちを、4機のワシを模したハングライダー、正確には「ハンググライダー」だと思うのですが、「ライダー=騎手」という意味の造語なのか、「ワルキューレの騎行」=「ヴァルキリー・ライド」とかけたのか、それとも単に誤植なのか……


 ともかく、「ワルキューレ」はワーグナーのオペラにもなっている「戦女神いくさめがみ」たちの総称になります。


 赤いボディをしていて、車輪についている「爪」が回転し、武器となります。


 それくらいでしょうか……


 4機もいますし、多勢に無勢のはずが、モンタナの手によって、あっけなく撃墜されてしまいます。


 何しに出てきたんだ?


 ニトロ博士は「わしのメカは芸術品じゃ!」と気味の悪いハイテンションですし、まさか……


 いや、ちょっと調子がよろしくなかった、ということにしましょう(汗)


 まあ、ストーリー自体は楽しめるものでしたし、これでいいということに。


 今回も読んでくださり、ありがとうございます。


 それでは失礼いたします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る