失恋更生委員会

作者 朱紀侍音

254

89人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

失恋から始まる物語。ドタバタしながらもテンポよく進んでいく物語で、あっという間にのめり込みました。
つらく、切ない思いを抱える若者たちですが、明るく、今を精いっぱい楽しもうとする姿に、青春っていいなあと、あたたかく見守っていきたくなります。
優しくあたたかく、元気をくれる物語です。

★★★ Excellent!!!

まず、この作品を読むとヒロイン?の女子高生がエネルギッシュにブッ飛んでる事に圧倒されます(^.^)🌷

良識は持っていますが、その言動はとにかくブッ飛んでます💦

しかし、作者の方の卓越した文章表現力により私はこの子が愛しくてたまらないのです。もう、可愛くて可愛くてたまらないのです💐

情景描写も人物描写も心象描写も優れていますので、この子の常識を逸した言動に説得力を持たせています🐦

私はまだ最初の数話しか読んでいませんが、この子は1話からフルスロットルでブッ飛ばして来ます。そして、それに巻き込まれる語り手である男子高校生の悲哀もとても楽しく読む事が出来ます🍑

とにかく、この作品の素晴らしさは読んでみなければ判りません🌳

さぁ、そこのアナタ。
私と一緒に、この作品に飛び込みましょう(^.^)🍎

★★★ Excellent!!!

失恋したとき、誰しもが傷つき悲しみのどん底へ突き落とされるはずです。ましてや学生が意中の相手に告白しフラれることは、後の学生生活に影響を及ぼしかねないリスキーな行為。

だが、自分の思いを伝えた人のこと誰が笑うことができるでしょうか。むしろよくやったと誉め、立ち直れるよう応援してあげたくなるはず。

失恋したあなたに聞こえてくるはずです。ちょっぴり恥ずかしい応援歌が。

主人公の七海周一(ななみしゅういち)は意中の相手に告白するが、あえなく玉砕。落ち込む彼の前に突如現れた日向日向(ひむかいひなた)は『失恋更正委員会』なる謎の集団を名乗る。
この二人の出会いが失恋し傷ついた人々を救う、伝説の始まりである(?)

『失恋』をテーマにしたこの作品、暗くなりがちなテーマですが、失恋の悲しさ、辛さを描きながらも、そこからの成長を悩みつつも、明るく、コメディー調に描いています。
読み進めていくと、失恋が辛いことなのは変わりませんが、自分の成長と新たな出会いの可能性を秘めているものだと感じさせてくれました。

落ち込んでも元気をもらえる、そんな作品だと思います。

★★★ Excellent!!!

性格の悪い奴ほど面白い話を書くと聞いた事がある。
この作品を読むとつくづく思う。
この作者、良い性格してるな。きっと、余程性根が腐って……。
言い過ぎると殴られそうな気がするのでこの辺にしときます。
内容的には主人公と毒舌ヒロインの掛け合いが軽快で、サクサク読めます。
第二章まで読んだ段階では、まだヒロインやらの
バックグラウンドが見えていないので、
とりあえずは今後の展開に期待してます。

★★★ Excellent!!!

【良かった点】
・ストーリーがしっかりしていて、キャラクターも全員しっかりと惹きつける魅力がありました。
・ふふっと思わず笑ってしまう面白さもあり、展開の持っていき方も上手だと思いました。
・一人称と三人称を上手に切り替えられており、状況や情景の把握が容易でした。

【(個人的に)んー……って点】

・特に無しッ!

【総合的】
とても面白い作品でした!
ゆっくりと主人公とメインヒロインの青春が展開されていく様が、とても魅力的でした!!

★★★ Excellent!!!

もう振られ過ぎると、次も絶対に振られてみせる!って心境になるね。
記録更新っしょ。


モテる人より全然モテない人の方が、女の子達にとっても印象が深い。
学生時代のモテる奴の理由は、容姿、勉学優秀、スポーツ万能のみ。


モテない奴のその理由は『無限大』だから。
逆に言えば、魅力的。


お前がモテないんじゃなくて、彼女達が見る目が無いのさ。


ドンマイ!
明けない夜はない。

★★★ Excellent!!!

まず初めに、これは「極上スイーツ」です。
精進料理や懐石をお求めの方は然るべき作品をお探しください。

また、この作品は「完成」しています。
完結ではありません。
行間ですら、過不足は無いと感じられます。
作者様の頭の中から文字と言う表現に移植された「事実」なのだと思えるのです。

そう言った完成された物語に共通する特徴として、適当なお話の適当な行から読み進めても、とにかく楽しい。
設定や人物描写に齟齬が無いだけじゃありません。一つ一つのテキストに無駄がない、雰囲気的な「捨て文字」が無い。

さて、スイーツと言っても「あまあま」なだけの物語ではありません。
苦さも焦げ臭さもあります。
嗅覚がキーポイントなのでこんな言い方をしています。
私的に最大のスイーツポイントは、その常習性。
身体に悪いと理解しつつ、眠る時間を代価に繰り返しこの世界に浸ってしまう。
なんかヤバい成分が含まれているのかもしれません。

さて、そんな事情もあり、私は二、三日、筆を折り、再周回に突入です。

と思ったら第二部が始まっていました!

★★★ Excellent!!!

失恋更生を目的として、失恋者を探して盛り上げていく委員会。
部長の日向ちゃんがひたすらハチャメチャで、ちょっと引くくらいズカズカいって、でも根はしっかりいい子でかわいい女の子なのがいいです。
周りを固める登場人物も個性と魅力が満載で、とても楽しい小説です。

★★★ Excellent!!!

失恋の匂いを嗅ぎつけて、今日も今日とて、失恋更正していきます。

辛い失恋を乗り越え、明日という日を頑張れるよう、失恋更正委員会は、今日も元気に活動中です。

その方法は、全力で応援する! はい、失恋更正三三七拍子!


──というわけで、失恋してしまった主人公の七海周一は、見事、その匂いを嗅ぎ付けられ、あまつさえ現場を目撃されて、日向日向から全力で応援されることになります。

そうして、なんやかんやと、巻き込まれることになる、というお話です。

今日も失恋の気配が……。

★★★ Excellent!!!

私はもうすっかりおばさんですが、若いころ、大失恋をしたことがあります。

本当につらくて、ご飯ものどを通らなくて、何もできなくて涙しか出てこない…、そんな感じだったと思います(遠い目)。

そんな辛い時に、この小説のように、一緒に海に飛び込んでくれたり、側に居てくれる人がいたら、とてもいいなって思ます。

ちなみに、私は大失恋した時に、偶然クラスの中に失恋した人が2人もいて、3人でしばらくの間、一緒にご飯を食べたり遊びに行ったりしていました。

ナチュラルな失恋厚生委員会に入っておりました笑

まだ途中までしか読んでいませんが、設定がとても面白いのと、読んでて涙がでてきたのと、昔のほろ苦い経験を思い出してセンチメンタルになったので、レビュー書かせてもらいました。