第34話 エピローグ③

 

 するとグラディスはポッとを染めてへらっと笑った。


「いやー。まさかそこまで愛されてるとは思わなかったよねー」


 マジか……。

 パメラは男嫌いだって言うし、じゃあやっぱりグラディスのことを……。

 なんてことを考えていたら。


「前にも言ったけど、私とパメラ、小さい頃からの幼馴染なの。で、パメラの家は家庭事情がちょっと、色々あってね。この間パメラに言われたんだ。辛かった時にグラディスがそばにいてくれて、それだけで助けられた、って。だから今度は私が助ける番だと思った……って」

「そうだったんだ……」


 なんだよ、すごくいい話じゃないか。女の子同士の恋愛かも、だなんて考えた数分前の自分を殴りたい。


「やだ、エドガー。泣いてんの?」

「ちょっと、涙腺にきた」


 俺、こういう話に弱いんだよな。イーデンからいつも呆れられるくらいだ。


「でも、一時的にでもレオン先生と付き合ってたんだろ? なにか嫌な目にあったんじゃないの」

「私もそれが一番気になっていたんだ。そうしたらパメラ、キスもさせなかって。さすがパメラだよね」

「そっか。良かったなあ」


 俺も、磨き布の泣き声が止まったことを伝えると、グラディスは「良かった」と言って笑った。


「そういえば私、ノエルちゃんに会ったことないや。謝りたいんだけど、今いる?」

「いや、エミルと一緒に出掛けてるよ」

「そう。じゃあ、エドガーから伝えておいてよ。後で改めて謝りに来るけどさ。あ、そうだ、これ」


 そう言ってグラディスが俺に差し出したのは、良いにおいのする紙袋だった。


「ジンジャークッキー。パメラが皆さんにって。ちょっと食べてみてよ」

「うわ、ありがとう。さっきから良いにおいしてたけど、これだったんだ」


 俺は早速紙袋を開けてみた。クッキーを一枚取り出して口に入れると、ジンジャーの良い香りが口の中に広がった。


「美味い。さすが女中の仕事をやってるだけあるね」

「だよね。私が男だったら絶対お嫁さんにするのにぃー」


 はいはい。のろけはもういいよ。しかもなんで女同士の友情に嫉妬してるんだよ俺は。

 クッキーをもう一枚取り出してから紙袋の口を閉じているとき、パメラが少し遠い目をしてつぶやいた。


「エドガーから磨き布を見せられた時には不安しかなかったんだけど、こうしてパメラと仲直りできたし、本当に良かったよ。それに、エドガーたちのお陰で新しい恋も始められそう」


 えっ、それってもしかして……。

 俺があらぬ期待に心臓をどきどきさせていると、グラディスはポケットから何かを取り出して、テーブルの上に広げて見せた。


「見てこれ!」

「なに、これ……?」

「来月、有名な旅の一座がこの街に来るの。すっごく有名な一座なんだって。で、見て、この歌手の人! すっごくイケメンって評判なんだよ!」


 俺はがっくりと肩を落とした。

 そうだった、グラディスはミーハーなんだった。

 しっかし、レオン先生のことがあったばかりなのに、懲りない奴だなあ。


 でもとにかく、グラディスに笑顔が戻って本当に、本当に良かった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る