第32話 エピローグ①

 

「こんにちはー」


 グラディスが道具屋にやって来たのは、それから一週間後のことだった。

 俺はグラディスをいつものアンティークテーブルに案内した。

 グラディスは、まるで憑きものが落ちたみたいなすっきりした表情になっていた。よかった、グラディスの抱えていた問題は完全に解決したみたいだ。

 

「本当にありがとう。エドガーとエミルのおかげだよ」

「で? パメラとのこと、ちゃんと話してくれるんだよね? 俺、ちんぷんかんぷんなんだけど」


 そうしてグラディスが話してくれた内容は、ほぼエミルの推理どおりだった。


 卒業式を数日後に控えたある日のこと。レオン先生に剣の磨き布を渡そうと考えていたグラディスは、パメラにそれを止められたのだそうだ。


『どうして? レオン先生はパメラが思ってるような悪い人じゃないよ』

『信じたくない気持ちはわかるけど、あの先生の優しさはなんか胡散臭いのよ。プレゼントなんかして目をつけられたら、危険な目に遭うのはグラディスなんだよ? お願い、考え直して』


 けれど当時はまだレオン先生の悪い噂は広まっていなかったため、グラディスはパメラの話を信じることが出来なかったのだそうだ。


「まあなあ。グラディスの気持ちはわかるよ。レオン先生、誰にでも優しかったし。俺みたいな運動音痴にも根気強く剣術教えてくれて、本当にいい先生だったもんな」


 俺は今だって信じられないくらいだ。あのレオン先生が、生徒に手を出すような卑劣な人間だったなんて。


 そしてパメラも、レオン先生の胡散臭さを証明する「確たる証拠」を持っていたわけじゃなかった。なんとなく胡散臭いから、なんて理由でグラディスを説得することは出来なかったのだ。


「しかし凄いな、パメラって子。なんでレオン先生が胡散臭いって分かったんだろう」

「パメラは昔から勘の鋭い子だったからね。それにパメラ、可愛い子でしょ?」

「ああまあ、確かにね」


 俺はこの間パメラと初めて会ったときのことを思い返していた。

 はっきりした目鼻立ちに、少し吊り上がり気味の大きな緑色の瞳は、確かに男子から好かれそうな顔立ちだ。

 だけど、そんな可愛さを吹き飛ばすようなあの気の強さに、俺は苦笑いを浮かべることしか出来なかった。


「パメラ、レオン先生に声を掛けられることが多かったんだって。剣術の授業でしか接点がないのにどうしてなんだろう気味が悪い、って警戒してたんだってさ」

「気味が悪いって……。レオン先生みたいな男はタイプじゃなかったってことか」


 レオン先生、超絶イケメンってわけじゃないけど、そこそこイケメンの部類なのに、あれで気味悪がられてしまうのか……。レオン先生には同情の余地はないけど、なんだか少し気の毒になってしまった。きっとパメラは理想が高すぎるんだろう。

 すると、グラディスが「あれ」と言って、不思議そうな顔で俺を見た。


「言ってなかったっけ。パメラって男嫌いなんだよ」

「はあ? き、聞いてないよ!」

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る