第30話 謎解きのお時間です①

 

「で、どういうことなんだよエミル」


 あれから、俺とエミルは道具屋レイツェルに戻って来ていた。

 ほとんど定位置になったアンティークテーブルに座り、イルミナさんの煎れてくれたハーブティーを飲み干すと、俺は向かいに座るエミルに詰め寄った。


「俺にわかるように説明してよ」


 グラディスとパメラがなぜか抱き合って、二人してわんわん泣き出すのを確認すると、エミルは俺の服の袖を引っ張って言ったのだ。「道具屋へ戻りましょう」と。

 だからグラディスとパメラがその後どうなったかは知らないし、なんで急にあの二人が仲直りできたのかも全然わからないでいる。


「では順番に紐解いていきましょうか」


 ハーブティーのカップを置いてクッキーを一つつまむと、エミルは話し始めた。


「結論から言いましょう。パメラさんはグラディスさんを守るためにレオン先生に近づいたんです」

「エミルが言ったことと違うじゃないか。パメラはグラディスとレオン先生を傷つけたかったんじゃないの?」

「エドガーさん」


 エミルは小さく息を吐いた。


「いい加減、僕のやり方を学んでくださいよ」

「じゃ、じゃあ嘘だったの?」

「ええ、嘘です」


 エミルは首を少し傾けてにっこりと笑った。俺は大きなため息をつくことしか出来なかった。まだ騙されたよ……。


「でもさあ。レオン先生の女癖の悪さは、俺たちの代では噂になってなかったじゃないか。パメラだって知らなかったはずだよ」

「パメラさんは気の強い性格だったでしょう」

「気が強いっていうか、凶暴っていうか……」


 思い出して、少し怒りがこみ上げてきた。そういえば、胸ぐらを捕まれてメンチ切られたんだった、俺。


「グラディスさんが言っていたでしょう。昔から男子相手に殴り合いの喧嘩をするような人だと。それに頭の回転も早そうですし。おそらく噂になる前に、レオン先生という人の本質を見抜いていたんでしょうね」

「俺、趣味わるって言われたんだけど」

「まあまあ、いいじゃありませんか。あれは売り言葉に買い言葉みたいなものですし」


 良くないよ!

 あーあ、俺ってそんなに魅力ないかなあ。まあ、ダサい、垢抜けてないっていう自覚はあるけどさ。


「レオン先生が学校を辞めたと伝えても、彼女は驚きませんでした。それはつまり、最初からレオン先生の裏の顔を知っていたということです」

「あれもカマ掛けだったのか……」


 本当、この子の精神年齢いくつなんだろう?


「おそらくレオン先生の女癖の悪さを密告したのも、パメラさん本人でしょうね」

「えっ、そうなの」

「今の段階では推測の域を出ませんが。まあ、あとでパメラさんに聞いてみましょう」

「そ、そうか。それならレオン先生が辞めた時期とも合うしな……」


 パメラがレオン先生に声を掛けたのは卒業式の日。でも、春にレオン先生が学校を辞めていることを考えれば、確かに時期は合う。


「パメラって子、すげえな……」


 口の悪さはともかくとして、俺はパメラの行動力に感心していた。もしかしたらエミルと同じくらい頭が切れる子かもしれない。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る