植物になったサトウくん。

作者 羽座日出樹

67

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

植物になってしまったサトウくんのお世話をする健気な女の子。

この異様なシチュエーションが、どこかコミカルで、
どこかシリアスに考えさせられる展開。

タイトルそのまんまの冒頭から、どんどん世界観に惹き込まれ
気付いたときには、あぁこの結末か、と寂しい気もする。
もっと読みたいな。

この世界で、5分間を素敵に使えること間違いなし。

★★★ Excellent!!!

サトウくんが植物になるんです。比喩とかではなく、マジで植物に。
何故っ、と驚いていてはいけません。とにかく植物になっちゃったんだから、しょうがないですよ。ね?

この設定にテンポよく進んでいく展開で、コメディだと思って読んでしまうんですが。

が! 

ラスト、感動します。え、泣ける。
まあ、読んでみてください。素晴らしいから。

★★★ Excellent!!!

なんと好きな人が植物になってしまった!
それも主人公はそのサトウ君への告白の返事をしようとしていた時に。

設定が奇抜かつシュール。

でも、さすが好きな人だっただけあって、主人公は懸命に植物になったサトウ君を育てます。

ところが思わぬところにライバルが!

そのせいでサトウ君は引き抜かれることに!

なんて酷い運命。

結末は……。

★★★ Excellent!!!

疲れたときに読むとまたなおいいかも!

若さ溢れる女子高生に励まされます。なんていったって植物になった男の子の世話を一心にする可愛いヒロインですもの。

周りの目も気にせず、明るいヒロインが「植物になったサトウくん」を懸命にお世話する。

スカッとしますよ、オススメです。

★★★ Excellent!!!

異色すぎる恋愛ものです。タイトルからして「え? 恋愛? 」と言いたくなります(笑)

展開的にはホラーにもなりそうですが、軽妙な語り口と、ちょこちょこ笑いを挟んでくるので重くなり過ぎず、サクサクと読み進めることが出来ます。良い意味で期待を裏切られつつ、はらはらと楽しみながら読めるのが素晴らしいです。

女の子が夢見る恋愛ものとは多分全く違うし、植物になると言うわけのわからない展開なのに自然に話に夢中にさせてしまうところが、構成のうまさであり、ベテランの安定感でしょうか。

せつないながらもすっきりとした読了感が癖になります。

わけのわからないテーマをコメディなのか恋愛なのかヒューマンドラマかわからないテイストでまとめてあって、この不可思議な感じ、唯一無二です。随所に光るブラックユーモアがこの作品をより魅力的にしています。


とりあえず読んでみることをおすすめします(笑)