僕は、嘘をつかない詐欺師になった。

作者 小森日和