King's crest

作者 黒崎憂斗

すべてのエピソードへの応援コメント

  • プロローグへのコメント

    初めまして。
    流れるような文章に、あっという間に読んでしまいました。
    続きが気になります。また読みに来ます!

    作者からの返信

    あざっす!
    俺も頑張って書き進めますので、どうかよろしくです!

    2021年11月7日 23:12

  • 第7話 少年は戦い、少女は歌うへのコメント

    熱い展開ですね!
    ところで、二人が聞く声は一体何者なのだ?
    気になる……。

    作者からの返信

    一体、どこの語部なんでしょうね?www

    2021年10月2日 16:33

  • 第2話 少女の記憶へのコメント

    アスラは少年の名前?


    返信
    ぎゃー! 失礼しました!!

    作者からの返信

    少年が暮らす地土地の名前です
    一応、一話で出ているはずですが……

    2021年9月20日 13:40 編集済

  • 第1話 名も無き少年へのコメント

    もしもこだわりがないのなら、字下げした方がよいです。左上のツールから一発でできます。あとダッシュは二文字分使います。

    作者からの返信

    了解しました
    後で修正しておきます

    2021年9月20日 13:33

  • 第7話 少年は戦い、少女は歌うへのコメント

    主人公が名前を思い出して、敵に向かっていくところ、熱いですね。
    戦闘シーンが多いのに、ワンパターンとなることなく楽しめました。
    少年も少女も過去の英雄の末裔か、生まれかわりなのかなと、語部のシーンで思いました。

    作者からの返信

    やっぱり、名前を思い出すシーンは皆んな好きなんですねw
    楽しんでもらえて何よりです!!!

    2021年2月7日 11:40

  • 第1話 名も無き少年へのコメント

    夜分遅くにコメント失礼します。銀河革変です。

    読んでいて気になったところがあったので書いていきます。


    ・時々句点が無い
    句点とは→。←これのことです。

    こだわりを持ってやっているのであればそれ以上は不問です。


    ・心の中の発言について
    「(~~~)」は不自然に感じます。初めて見ました。鉤括弧「」はなくて大丈夫です。


    ・文末
    ~だった。 で終わることがかなり多いです。
    ~いる。~いく。~である。推測ならだろう。かもしれないと他の文末を試してみてください。
    幅が広がって楽しくなりますよ。


    ・!と? について
    半角をお使いになられていますが、全角でも全然大丈夫です。
    人によっては半角の ! ? は見辛いです。私は気付かずにいくつかスルーしてしまいました。


    ・体を地面に付けた
    これは非常にゆっくりと倒れたのでしょうか?

    それとも激しく倒れた為に叩きつけられるように倒れたのでしょうか?
    正解がわかりませんでした。


    気になったことはこれくらいです。
    読んでいて確信に変わりました。
    100年以上語り継がれる価値があり、新時代を構築して引っ張っていける作品だと思います。

    自主企画で私が主催する「新時代のブームを作り出す野心と未来ある作品集」には黒崎さんの作品と同じく素晴らしい作品揃いです。

    5/1迄やっていますのでご興味あれば宜しくお願い致します。
    もちろん断っても全く問題ありません。

    また読んでいきますね。

    作者からの返信

    まずはご指摘感謝です!
    あと、そんなに褒められるとは、恐縮ですwww

    もっと文章力を上げて、本当に100年語り継がれるような作品を目指します!!!

    2021年2月7日 02:10

  • プロローグへのコメント

    夜分遅くのコメント失礼します。
    銀河革変と申します。

    Twitterの企画にて参加しましたが、大好物の作品に会えるとはまさに僥倖。
    自分の執筆で忙しいですが、ゆっくりと読ませていただきます。


    作者からの返信

    サンクス!
    取り敢えず、星をください!!!

    とまあ、欲望むき出しなの俺の作品ですが、是非とも楽しんでもらえれば幸いです

    2021年2月7日 01:32

  • 第6話 混沌の獣へのコメント

    生なき存在に名前が与えられる瞬間フェチなので、グランの名乗りは物語的に最高だと思いました。古代語で意志っていうのも、主人公ぽくていいですね。

    作者からの返信

    俗にいう「真名解放」ですね!w

    グランの名前が、何を意味しているのか
    いつか、その全てがわかる日を、楽しみにしてください!

    2021年2月6日 09:23

  • エピローグへのコメント

    名もなき少年と謎の少女の出会い、そして旅立ち。
    そして様々な姿の屍骸との戦い。
    まさに王道のファンタジー作品ですね。
    序章のクライマックスとして少年が‘グラン’として覚醒する演出は熱かったです。


    少し気になった点としては
    読み進めている中で、ところどころ時系列を見失ってしまう箇所があったので、見せ方を調整するとより読みやすくなるのではないかと思いました。

    (空行を挟んでから――
    少し時間が経っていたり、あるいは翌日だったり、はたまた数日経過していたり……
    といった具合で見た目の印象は同じなのですが、時間経過は大きく違うのでシーンの繋がりを見失ってしまうという具合です。構わずその先を読むと理解できるのですが、一瞬『ん?』と手が止まりました)


    緻密な設定や、王道ファンタジーの主人公とヒロインとしてのキャラクター性などとてもよく考えられているなと感じました。
    相当な長編のようですので、がんばってください(^^)

    作者からの返信

    何年後に完結するかわりませんが……
    頑張ります!!!w

    2021年2月6日 09:21

  • プロローグへのコメント

    これからどんな物語が生まれるんだろう、わくわくを感じる様な壮大な1話でした。凄く続きが気になる1話だと思います。

    作者からの返信

    また暇な時にでも、読んでみてくださいw

    2021年2月6日 00:21

  • 第5話 かつて愛した人達へへのコメント

    シオンの歌の美しさ、哀しさ、
    しみじみきますね。
    彼女の純粋さが伝わってきます。

    作者からの返信

    シオンは良い娘なんですよ……
    彼女の歌は、一回でいいから聞きたいですね

    2021年2月5日 18:54

  • 第3話 言葉へのコメント

    RPGの序盤を彷彿させる丁寧な描写、主人公とヒロインの絆が生まれる過程が美しいです、これからも追っていきます。

    作者からの返信

    純粋にありがたいです!w
    なんやかんやで、楽しんでもらうことが一番ですよ!

    2021年2月5日 01:54

  • エピローグへのコメント

    真っ直ぐに作者様の気持ちを込めた作品なのが伝わってきます。王道!いいですね~!ちょっとだけ誤字が見られるので星2つにしておきます。

    作者からの返信

    誤字で星2はしゃーないですねw
    とはいえ、楽しんでもらえて何よりです!
    また続きも読んでみてください!

    2021年2月4日 20:07

  • 第6話 混沌の獣へのコメント

    これは熱い!

    作者からの返信

    そのまま読んじゃえ!

    2021年2月4日 19:57

  • 第3話 言葉へのコメント

    戦闘描写が熱い!いいね!

    作者からの返信

    序章は、七話+αで構成されてます
    そのうち、戦闘描写がメインなのは五話と七話です!

    ちょっとだけ期待してくださいw

    2021年2月4日 17:48

  • プロローグへのコメント

    スケールの大きさを感じるプロローグですね!

    作者からの返信

    最初のインパクトは大切ですからね!
    このプロローグが何を意味するのかを、これから書いていきたいと思ってます!

    2021年2月4日 17:28

  • エピローグへのコメント

    邪道小説書きの私にとって、正統はとても眩しかったです。
    単純にうらやましいです。

    ★がひとつ足りないのは、つまりは邪道しか書けない、私の嫉妬と誤認識いただきたく存じます。

    作者からの返信

    大丈夫ですよ!
    王道だろうが、邪道だろうが、面白ければ良いんです!

    2021年2月4日 10:32

  • 第3話 言葉へのコメント

    尊い……

    作者からの返信

    あー、あのシーンですねw
    あれ映像にしたら、みんなキュンキュンするでしょうねw

    (追伸:気に入ったら☆ください……。必死なんですw)

    2021年2月3日 20:41 編集済

  • エピローグへのコメント

    ツイッターから参りました。
    これから、始まる物語。
    ストーリーの広がりを感じました。

    作者からの返信

    これから、もっとたくさんの物語を書きます!
    是非とも暇な時、読んでみてください!

    2021年2月3日 19:28

  • プロローグへのコメント

     壮大な物語り……RPGのプロローグのようでもあり、聖典の序章のようでもあります。
     これから、少しずつ追いかけたいと思います♪

    作者からの返信

    どんどん書きますよ!w

    2021年2月2日 19:16

  • エピローグへのコメント

    ここまで拝読しました。
    ストーリーやキャラクターは王道の展開と造形。個性が見えてくるのはおそらくこの先でしょうか?
    個人的には、プロローグやエピローグはもう少し軽量化した方が、テンポや読み味が良くなりそうかなーと。(あくまでも個人的な好みです。)
    ただ、同時に、作者さまがそのあたりの文章に熱量をこめて楽しく書いていらっしゃることも、伝わって来ました。
    まずは自分自身が楽しんで書くことが、何より肝心だと思います。
    今後も好きなものを楽しく書いて頑張ってください。

    作者からの返信

    人によって、色々な感想を貰っているので、正直驚いています
    でも、あなたの言う通り、書いてて本当に楽しかったです!

    なので、楽しみつつ、作品の質を向上させていきます!!!

    2021年2月2日 06:01

  • 第1話 名も無き少年へのコメント

    良いっすねえ!! こういうの好きよ
    ドンドンちょうだい!

    作者からの返信

    おっけーい!
    ならドンドン読んで!www

    2021年2月1日 18:32

  • 第4話 旅立ちの誓いへのコメント

    ここまで読ませていただきました。
    最初から引き込まれる内容で面白かったです。
    描写などが細かく書いており想像しやすく、名も無き少年やシオンさんがどう思っているのかも分かりやすかったです。

    RT企画への参加ありがとうございます!

    作者からの返信

    お互いにまだまだ頑張りましょう!

    2021年1月28日 15:42

  • 第6話 混沌の獣へのコメント

    ここまで読ませて頂きました。
    すごい響く言葉の数々ですね!応援してます!

    作者からの返信

    あれから結構進んだんですよねw
    まあ、読みたいだけ読んでくれれば、嬉しいですw

    2021年1月27日 22:40

  • 第2話 少女の記憶へのコメント

    初めまして

    シオンさんの感情がよく伝わります

    作者からの返信

    シオンはか弱くて良い娘なんですよ……

    2021年1月26日 14:32

  • エピローグへのコメント

    Twitterから来て、とりあえず序章まで読みました!
    一話一話が長くて、読みごたえがあって良かったです。
    でも、8000文字は流石に多いかなぁ‥‥‥

    後、気になったのは、文の終わり方が「~~た。」っていうのが多かったかな、と。特に戦闘描写は過去系ばかりだと臨場感が出にくいと思います。
    まぁ、たぶん気になってるのは自分だけでしょうから参考程度に思ってください。

    ストーリーは世界観がしっかりしていて引き込まれてくようでした。

    どこまで広がっていくのか今後が気になりますね!


    よかったら、ラブコメですけど自分の作品も読んでみてください!

    作者からの返信

    他の文章とは、書き方が違いますからねw
    ただ、一番伝えたい部分は伝わった様で、何よりです!

    ではこっちも、もうちょっと読ませてもらいます

    2021年1月25日 22:59

  • プロローグへのコメント

    入りとしては読みづらさを感じなくも無いけど興味は引かれる良いプロローグの書き方だと思った。
    とりあえず興味が湧いたのでもう少し読みます。

    作者からの返信

    どこまで気に入ってもらえるか……
    どんどん読んでみてください!

    2021年1月25日 22:38

  • プロローグへのコメント

    壮大ですね。ドキドキ😍💓

    作者からの返信

    取り敢えず、楽しんでもらえれば何よりです

    2021年1月25日 16:39

  • 第1話 名も無き少年へのコメント

    ルビの使い方がとても素敵で、印象的でした。
    三人称視点の物語には苦戦しているので参考にさせていただきます。ゆっくりになりますが続きも拝読させていただきます。

    作者からの返信

    最後まで読んで、気に入ってもらえると嬉しいです
    そして、気が向けば☆もつけれくれると幸いです

    2021年1月25日 13:42

  • 第1話 名も無き少年へのコメント

    文章多いのにスラスラ読ませてしまう匠な描写素晴らしいです!!

    内容もしっかり練られているのが序盤から伝わってきます。

    続きが楽しみです!

    作者からの返信

    まだまだ書きますので、どんどん読んでください!!!

    2021年1月17日 12:33

  • プロローグへのコメント

    最後の1文がまるでナレーションがあるかのように、ぐっと引き込まれました!

    作者からの返信

    是非とも、最後まで楽しんでもらえれば幸いです!

    2021年1月13日 16:06

  • 第1話 名も無き少年へのコメント

    初めまして
    まさに王道ファンタジー!という印象を受けました!応援しています🥰

    作者からの返信

    シンプルに、感謝します!

    2021年1月11日 19:36

  • エピローグへのコメント

    Twitterから飛んできたけど、普通に面白かった。
    これからグラン君や他の登場人物を通して、これから多くの物語を紡いでいくのだろう。

    今後の展開を込めてとりあえず☆二つ!!
    いずれこの物語が完結した時のために最後の一つは残しておくとします!!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    そうですね、自分でもまだ成長途中と思っているので、最後の一つを貰えるように頑張ります!

    カクヨムコンの制覇を目指して、まだまだ書きます!

    2021年1月10日 15:44

  • 第6話 混沌の獣へのコメント

    うおおおっ!! ここで名前を取り戻すか、さすが主人公。

    作者からの返信

    主人公の名前は、彼の人間性を表しています
    是非とも覚えてあげてください

    2021年1月10日 15:33 編集済

  • 第1話 名も無き少年へのコメント

    いい雰囲気の始まり方ですね。さらさらと読め、続きが気になります。

    内容とは関係ありませんが、書式を整えたほうがよい気がします。
    (気にする人は、気にするので)

    ・段落先頭は1字下げ
    ・「…」「―」は偶数個で使う→「……」「――」

    作者からの返信

    書式の方は、覚えている最中なので、頑張りますw
    序章まで読んで、気に入って貰えたら幸いです

    2021年1月10日 15:14

  • プロローグへのコメント

    まるでSound Horizon さんの「終端の王と異世界の騎士」のような
    壮大な戦いの序曲を垣間見ているような気分になる。

    ちょっと続きが楽しみかも……少しずつ読ませていただきますね

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    一通り読んで気にいってもらえれば、是非とも☆を頂けると幸いです

    2021年1月10日 14:59

  • エピローグへのコメント

    序章まで読ませてもらいました。

    物語がまさに王道ファンタジーらしく私の好きなジャンルでした。
    グランとシオンの二人ともこれから頑張って下さい。

    作者からの返信

    最後まで読んでくださって、有難う御座いました!!!
    まだまだ続くので、更新したら是非とも読んでみてください!

    (あと宜しければ、☆を付けてくれたら嬉しいです…)

    2020年12月22日 20:49 編集済

  • 第2話 少女の記憶へのコメント

    初めまして、BOーZUです。

    差し出がましいですが誤字を見つけましたので報告します。
    11行目
    「彼女の見に」となっていますが、
    「彼女の身に」と記載したつもりだと思います。

    作者からの返信

    わざわざ有難うございます!
    すぐに修正しますね

    それと、自分の作品を読んでもらって感謝します
    是非とも、序章を最後まで楽しんでもらえれば幸いです

    ※後日、二話と三話はリライトします

    2020年12月22日 20:32 編集済