ギャルゲーの親友キャラに転生してしまった ~主人公を助けるために努力していたら、なぜかヒロインがみんな俺に惚れていた~

作者 三葉 空

766

296人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ギャルゲー・乙女ゲーの男主モノの中でも際立った魅力を持つ作品だと思います。

生前好きだった作品に転生できたと思ったら主人公ではなかった!という所まではよく見るお話だと思います。

でもこの作品の主人公である鉄平は一味違って、生まれ変わって得た「主人公の親友キャラ」という役割に背く事無く、むしろその役割を全うせんと主人公のために動き始めます。

ここまではあらすじにもある通りで、以降私の思うこの作品の魅力について書かせていただきたいと思います。

鉄平が親友キャラとしての役割を全うしていく中で、彼が世界の元となった原作を知っていて強いリスペクトを持っているが故にシナリオに変化が生まれてしまいます。

タイトルにもある「なぜかヒロインがみんな俺に惚れていた」ここに関わってくる話なのですが、鉄平はあくまで原作主人公の親友キャラであり彼の中ではヒロインとの恋愛はタブーです。

ただやはり、ヒロインと言うだけあって女の子たちはそれぞれ魅力を持っています。

原作主人公とヒロイン、その間て板挟みになってしまった鉄平が“親友キャラだからこそ抱く葛藤”これがこの物語の魅力だと私は思います。

拙いレビューを書かせていただきましたが、題名とあらすじに惹かれこの作品にたどり着いたものの、まだ読んでいないという方は是非ともご覧になってはいかがでしょうか?