2020/9/27に発生したアルメニア・アゼルバイジャン間の戦争についての現状況及び考察

作者 扶桑のイーグル

10/11」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 停戦!……停……戦……
    まとめありがとうございます。

    急にロシアがやる気出して期待と不安半々でしたがその後はやはりといった感じですかね。
    これがロシアとしては面子を潰されたと次の動きにつながるのか、それともアクションは起こして責務は果たしたとするのか?
    いずれにせよ外部からの介入がなければアゼルも引く気配はないですね。
    アルメニアは押され気味なのでわかりませんが。

    作者からの返信

    あまりにも儚い停戦でしたね……。
    今のところ、ロシアに動きは見られません。ナゴルノカラバフでこれ以上首は突っ込みたくないんでしょう。アルメニア本土が侵されたらどうするかは分かりませんが。
    アゼルバイジャンがハドルート市を取るまでは終わらないでしょうねえ。それで終わる保証もありませんが。

    2020年10月13日 05:51