隣人サイコパス 〜オトギリ荘の者達〜

作者 日向はび

68

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

オトギリ荘に引っ越してきた主人公。
他人から貰ったものを食べられないという彼は、引っ越しの挨拶として隣人の女子高生からリンゴを勧められるが断った。
……それが始まり。

読めば読むほど、この不気味な世界観にはまり込む。中毒性がありますね!
文章も読みやすく、キャラクターもパンチが効いてて飽きません!

★★★ Excellent!!!

冒頭がちゃんと「小説で他人も楽しめる芸」をしている感じがして、本文にとても好感をもった。本文を完全にちゃんと書けてるなと思った最初の作品。文章のうまさとか以前のしっかりと伝えるという点がとてもちゃんとしているのが良いと思う。これは当たり前のつまらない要点のようだが個人的には最も重視してる点。他人にしっかりと楽しんでもらおうという文章で書いている作品は本当に集まりにくいからだ。
対してタイトルやキャッチコピー、紹介文では損をしているように思えた。本文でのリアリティをまったく予感させないというか、不必要な情報で「ネットのノリ感」が悪い方向に出ているように思える。「こういう作品です」というのを主張するようなタイトルやキャッチコピーはどんなジャンルなのか提示する役には立つが、初見の読者に「あーなんか奇人ぽい人が日常ねはいはい」という本文と比べると矮小化したイメージを与えると思う。本文のしっかりさとその他の情報のフランクさのギャップがあまりよく機能してないように思えた。
また、他サイトの順位を書くのも「あのサイトのこの順位の作品はこれくらいかな」という作品を純粋に楽しむのとは別の興味を刺激してしまうし、最後まで読むためのエネルギーや読者の増加に役立つよりは悪影響の方がおおいように思える。年間1位だったけど垢バンされて移植しましたとかなら増えるかもしれない。

★★★ Excellent!!!

冒頭の闇は軽く、少しづつ重みを増していくかと思いきや、ユーモアで緩和される。ほっと一息つけたと思う矢先に重い闇が立ち塞がる。
緩急ある物語に振り回されるのを楽しめるのならサイコロジカルホラーの達人です。
どうぞ思う存分振り回わされてください。