静心にて、花の散るらむ: 歌姫による戦争継続のメソッド

一式鍵

#01: セイレーンは歌う

#01-01: セイレネス・ロンド

 二〇八八年六月十二日、現地時間・午前五時――。


 四隻の駆逐艦を随伴しているのは、二隻の超巨大戦艦——その全長は航空母艦の二倍にも達する。白銀に輝く流線型の艦体は、未だこの世に現れたことのないフォルムだった。補給と戦艦のシステムチェックを済ませた駆逐艦たちは、一隻、また一隻と戦艦の元を離れ、未だ暗い西の海へとそっと消えていく。曙光に向かって進む二隻の戦艦は、豪勢な沈黙をまといながらを待っていた。


『レベッカよりヴェーラ。敵艦隊。真東に二百二十キロ。総数三個、航空母艦六隻。推定航空戦力百五十以上。状況進行、シーケンス、1・1・2、バトコンレベル最大』

『さすがだね、ベッキー。今、わたしもした。敵、全個体への識別子付与マークアップを開始。最優先攻撃目標トップ・プライオリティ・ターゲット、航空母艦六隻。ベッキーには手筈プロシージャ通りにAA対空戦闘を任せる。衛星サテライト隠蔽コンシール解除、敵艦隊にこちらの位置ロケーションを伝えよう』

『レベッカ了解。敵艦隊にこちらの座標を打電。ヴェーラ、敵通信回線ライン奪える? 生中継ライヴよ?』

『わたしたちの、だからね。せいぜい華々しく飾ろうじゃないか……』


 二隻の戦艦が海原を断ち割りながら東へと進む。


 ほどなくしてヴェーラが「よし」と声を発する。


『ヴェーラよりレベッカ。通信回線ラインを奪った。ついでに翻訳トランスも噛ませて本国に送信しよう』

『敵航空戦力の発艦テイク・オフを確認したわ、警戒ビウェア

AA対空戦闘はきみの仕事ビジネスだろ、ベッキー』

『戦艦、傷つけたらいろんな人から怒られるわよ』

『……ちぇっ、それもそうだね。こういう時は、まずは敵航空戦力を殲滅。しかる後に艦隊を撃滅。でいいんだっけ、ベッキー』

『もう、まったく! それを今になって確認する? そうよイエスそれでいいわアファーマティヴ


 程なくして、東の空から百を超える攻撃機が飛来してきた。航空戦力が主力の時代に、いくら超々弩級とはいえ戦艦が二隻だけというのは――ヴェーラたち以外の目には――自殺行為以外のなにものにも見えなかった。


『何だ、本当にこの二隻だけか?』


 敵の飛行士アビエイターの通信が聞こえてくる。


『こいつ、戦艦バトルシップ……なのか?』

『何にしてもヤーグベルテの新兵器様だ。全機、油断するな』


 その言葉を聞いて、ヴェーラが言った。


『艦長、全FCS火器管制システムこっちに』

『アイ・マム。全武装オール・ウェポンズ、トリガー、ユー・ハヴ』

『サンキュー、アイ・ハヴ! ベッキー、準備はいいアー・ユー・レディ?』

もちろんオフ・コース始めましょうレッツ・ゲット・スターテド、ヴェーラ』

『オーケー……! 幕を上げようレイズ・ザ・カーテン……!』


 ヴェーラは一呼吸置いた。その間にも攻撃機たちは急速に接近してきている。対艦ミサイルも放たれていた。数秒の猶予もない。


 その時――。


『セイレネス発動アトラクト!』


 ヴェーラとレベッカが同時にそう叫んだ。水晶のようなが、白く毛羽立った海面に波紋を作る。


 同時に、白銀の艦の装甲が次々と展開スライドし、中からオーロラグリーンの輝きが火焔のように吹き出した。それは瞬く間に戦艦を中心にして半球状に広がり、それに触れた対艦ミサイルを音もなくさせた。


『なんだ、ミサイルが消えたぞ!?』

『何か攻撃を受けたのか?』

『いや、変な光があるだけ――』


 先陣を切って雷撃態勢に入っていた三機だったが、その三機はその次の瞬間には粉砕されていた。戦艦の火器は未だ一つも火を吹いていないのにも関わらずだ。


『全機、散開スキャッター! 全方向から仕掛けろ!』

『しかし隊長、解析を待ってからのほうが……』

『新兵器を見たからと言って、はいそうですかと逃げ帰れるものか! 俺の亜音速魚雷サブソニック・トーピードで片付ける!』

『それは司令部の使用許可がまだ……!』

『そんなことを言っていられる場合か! お前の隊は艦橋ブリッジを潰せ!』


 その会話を聞いて、ヴェーラは溜息ためいき混じりに提案する。


『……ベッキー、手筈プロシージャなんてまるっと無視してさ、二人でダンスしようよ』

『勝手なことしたら怒られるわよ』

『どうせエディットも聞いてるんでしょ、わたしたちのこの会話。んで、まだ怒られてないんだから大丈夫、大丈夫。一緒に踊ろうレット・アウト・ユア・ハンド!』


 そんな会話の間にも、敵航空戦力からの熾烈しれつな攻撃は続いている。しかし、戦艦には一発の機銃弾も届かない。全てがオーロラのような光に当たった瞬間にふわりと消えてしまうのだ。


『レベッカよりヴェーラ。AA対空戦闘・第二段階セカンドステージ移行シフト。主目的、全機撃墜』

『第二幕、敵航空戦力の掃滅、了解アイ。逃げる奴らは?』

例外なしノー・エクセプションズ

でいいんだよね』

肯定アファーマティヴ


 航空戦力を粉砕しながら、二隻の戦艦は東へ東へと進んでいく。実際に、航空戦力は――それまでの戦場の花形だった彼らは――戦艦に対して全く歯が立たなかった。百六十を超える航空機はそのことごとくを戦闘不能にされて、深い海へと消えていった。


『運が良ければ、第七艦隊に助けてもらえる』


 ヴェーラはそう呟いた。このはもう終わった。次なる戦場はさらに東――。


 敵艦隊は早くも逃走の態勢に入っていた。それはそうだ。虎の子の航空部隊が十五分と経たずに殲滅されてしまったのだから。だが、ヴェーラとレベッカには、彼らを逃がすつもりなどは毛頭ない。


『アーシュオンの艦隊に告ぐ。逃走は無意味だ。わたしたちの方が速い。正面からわたしたちにぶつかるというのならば、ある程度は取りこぼしも出るだろう! だけど、それでもと言うのなら、わたしたちはきみたちを、!』


 ヴェーラの鋭い警告を受けても、アーシュオンの艦隊は動きを止めない。ひたすら東へと逃げていく。


『ちっ!』


 ヴェーラの舌打ちが響く。


『こんな中途半端な戦果じゃ、戦争は止められない!』

『ヴェーラ、落ち着いて。今は落ち着いて。私たちは任務を遂行するだけ。落ち着いて』

『きみが落ち着けって連呼する時ってさ、きみ自身が落ち着いてない時だよね』

『……かもね』


 数時間と経たずに、東の水平線上に敵の艦隊が見えてくる。彼我の距離は数十キロ。もはや目視照準ですら当てられる距離だった。


『アーシュオンのきみたちに、わたしはもう一度警告する。このまま逃げるって言い張るのなら……わたしたちは、きみたちをにしなくちゃならないんだ。だから、どうか、お願いだよ。死物しにもの狂いでかかってきて!』


 ヴェーラの声に、敵の艦隊は背中を向けたまま何も応えない。通信にもノイズが乗っていてよく聞き取れない。ヴェーラはまた舌打ちした。


『逃げられないんだよ! わたしたちからは! わたしたちのからは! 決して!』

『ヴェーラ、警告はもう十分したわ……』


 レベッカの平坦な声がヴェーラの叫びを止める。


『今は彼らだけでも叩きましょう。彼らはアーシュオンの最精鋭。彼らが壊滅したら、それだけでしばらくは戦えないはずよ』

『……了解アグリー。そうだね。なら、そろそろ始めよう……殲滅戦アニヒレーションをね』

手筈通りにオベイ・ザ・プロシージャ


 冷えきったレベッカの言葉を合図にでもしたかのように、敵の駆逐艦が数隻、反転して向かってくる。


『なんてことを! 時間稼ぎのつもりか!』


 ヴェーラは苛立ちを隠さない。駆逐艦たちを捨て駒にして、空母だけでも逃がそうという算段なのは見え見えだった。だが、駆逐艦数隻程度では、ヴェーラたちの前では全くの無力だった。レベッカの戦艦が前に出る。


『モジュール・グングニル発動アトラクト!』


 その清麗せいれいたる一声。レベッカから放たれた美しいと共に、オーロラグリーンの粒子が槍と化して、駆逐艦を次々と貫いた。抵抗の一つも許されずに、駆逐艦たちは轟沈させられていく。進路上にいた大破した駆逐艦は、戦艦の巨体によってすり潰された。それにも関わらず、戦艦は全くの無傷だった。これでもかとその白銀の威容を見せつけながら、戦艦はついに敵の航空母艦を直接照準で補足する。水平射でも当たる距離だ。


『ねぇ、ベッキー。こんなに近づく必要ってあるの?』

『ないけど、近づかないと一枚のに収まらないでしょ』

『戦争って、いつから娯楽サーカスになったんだっけ?』

『……今から、なるのよジャスト・ナウ


 レベッカは嘆息する。幾十年と負け続けてきたヤーグベルテという国家に反撃の狼煙のろしが上がる時が、戦争のパラダイムシフトが発生する瞬間が、今まさに訪れる。この歴史的大事件を人々の記憶に焼き付けるために用意されたのが、この大艦隊を撃滅するという舞台演出ステージ・プロダクションだ。そしてそこで、完全なる圧倒性、すなわちであることを証明することが必要だった。それは軍の権威のため、政府の支持率のため——つまり、そういうことだ。


『ベッキー……覚悟はできてる?』

『あなたこそ、今度こそ私の手を汚させる覚悟はできた?』

『言うねぇ、きみも』


 ヴェーラは乾いた声で笑い、そして急に声の温度を下げた。


『シーケンス、8・8・8、突入確認。ヴェーラより参謀部、論理回線ロジカルラインスタンバイ、同期シンクロでき次第、全システムログを転送する。これより、本艦セイレーンEMイーエム-AZエイズィおよびウラニアにて、状況を第三段階サードステージ移行シフトさせる。使用可能なありとあらゆる手段メソッドの選択許可を』

『参謀部第六課ハーディより、ヴェーラおよびレベッカ。ルフェーブル大佐より、全システム解放の許可は下りている。速やかに状況を遷移されたし』

『了解。これよりを開始する』


 が広がる。静かなはずの海原を、得体の知れない、しかし子守唄のように柔らかなが、覆い尽くす。空海域を覆い尽くしていたオーロラグリーンの粒子が、一息に二隻の戦艦へと引き戻されていく。敵の艦隊はなおも逃げようとする。しかし戦艦たちは、信じがたいスピードで距離を詰めていく。ミサイルや砲撃が襲いかかってくるものの、二隻の戦艦は鎧袖一触がいしゅういっしょくと言わんばかりに打ち払い、消していく。


『セイレーンEMイーエム-AZエイズィ、セイレネス再起動リブート! 安全装置解除シフト・トゥ・エクストラモード! 全戦闘メソッド解放アンロック! メソッド初期化イニシャライズ成功確認サクセス! 万事上々、さぁ、剣を抜こう! 天使環ディヴァイン・ゲート、および、装甲翼セラフィム・セブン展開レドネス!』

『ウラニア、セイレネス再起動リブート! 制御装置全解放用意トリガー・オブ・リミット・ブレイク・レディ。全戦闘メソッド解放アンロック! メソッド発動準備完了アクティヴェイション・コンプリート。全システム異常なしレディ・アンド・グッド。いきます! 天使環ディヴァイン・ゲート展開、装甲翼セラフィム・セブン、開け!』


 二隻の戦艦がめまぐるしく形を変えていく。装甲がさらに大きく開き、そこからキラキラと輝く蒸気が音を立ててあふれ出す。海面が燦然と色を変える。後部装甲が次々と分離パージし、複雑に結び合わリンクされ、やがて海から突き上がる半円形の――天使環ディヴァイン・ゲートへと姿を変えた。そのゲートからほむらのように噴き出したオーロラグリーンの粒子によって、七枚の光の翼が生み出された。


『ベッキー、良い?』

『……覚悟は、できてる』

『わたしも一緒。心配ないよ』


 ヴェーラの囁き声。レベッカの声には少し緊張がある。


 そして戦艦は更に変形する。前部の装甲が音もなく幾つもに分離して広がった。展開した装甲が滑るように伸長エクステンドしていく。そのたびにあの光の粒子がふわりふわりと舞い踊る。やがて原型がなくなるほどに姿を変えた二隻の戦艦は、今や艦の半分にも渡る長さの三連装誘導砲身を敵艦隊に向けていた。今なお逃げるのをやめない敵艦隊を、戦艦たちはもう追わない。


雷霆ケラウノス充填完了チャージド・イナフ。ベッキーは?』

アダマスの鎌ハルパー、準備……できてる』


 そうか、なら、行くよ――ヴェーラは呟いた。


 わかったわ――レベッカが応えた。


わたしたちセイレーンの歌で、一隻残らず沈むがいい!』


 ヴェーラの声と共に、二隻の戦艦の艦首から強烈な光が放たれた。それはまっすぐに敵総旗艦である航空母艦に突き刺さり、そして、海域を覆い尽くすほどに峻烈しゅんれつぜた。光の暴風が海上を荒し回り、それに触れた艦船は尽くほむらを上げて、輝く海の中にどす黒く沈んでいった。


 百五十隻もの大艦隊は、数分と持たずに潰滅かいめつした。


 ――これが二人の歌姫セイレーンの、としての凄烈せいれつなデビューだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る