#08-07: To Be.

 目を覚ました私は、白い空間に倒れていた。どこを見ても白。上も下も距離感もない、白。なんとなくだけど、ここがセイレネスによって作られた空間だという感触はあった。景色が見えないだけで、体感的にはさっきまでとほとんど変わらない。違うと言えば、自分の身体がはっきりと見えるくらいだ。


 夢じゃないよね、さすがに。


 なんとかしてログを見られないものかと悪戦苦闘する私の隣に、アルマが現れた。アルマは周囲を見回してから、首を傾げた。三色の頭がふわっと揺れる。


「ここ、なに?」

「わからない。でも、セイレネスっぽい」


 顔を見合わせる私たちのすぐそばに、白金の髪プラチナブロンドの女性が現れた。ヴェーラだった。ヴェーラ・グリエールだった。私の大好きだった、あのヴェーラが今目の前にいた。


 そのヴェーラは、私たちの頭上、それも遠くに視線をやって、微笑んでいた。この上なく美しい顔に、私は思わずれてしまう。ヴェーラは私たちではない誰かに手を振り、そして「やぁ」と私たちに向けてまた微笑んだ。


「そうか、LCロジカルコンバット空間エリアのわたしはなのか。ふむ……」


 白金の髪プラチナブロンドもてあそび、自分の顔をペタペタと触ってからヴェーラは頷く。


「ヴェーラ! ヴェーラ、だよね?」

「やれやれ、マリー。きみはわたしの顔を忘れたのかい?」

「忘れるわけない!」


 忘れるものかと、私はヴェーラに抱きついた。ヴェーラは「まったく、きみって子は」と言いながら、私を撫でてくれる。私はヴェーラを力いっぱい抱きしめて、声を絞り出した。


「やっと、あの日の約束が叶った」

「そうだね、おまたせ、だよ」

「待っててくれなかった!」


 私はヴェーラの背中を、折れちゃうんじゃないかというくらいに力を入れて抱いた。離さない、絶対離さない。ヴェーラを逃してはならない。


「おいおい」


 ヴェーラは私の背中をポンポンと叩く。 


「きみにはレオナがいるじゃないか」

「多分、許してくれる」

「まぁ、そうかもね。ほら、アルマもおいでよ」


 ヴェーラはそう言って、私とアルマを抱きしめてくれた。


「二人には……辛い事をさせてしまって、ごめんね」

「まったくです」


 私とアルマの声が重なる。


「きみたちの時代を良くしようと、わたしはがんばったつもりでいるんだ、これでも。だけど、わたしは……何もできなかった。ただ哀しみを増やしただけだったね」

「ヴェーラ、あなたは……まさか」

「マリー、わたしはもう痛みを感じてはいない。だけど、死は眠りにすぎないんだ」


 そう言って、ヴェーラは微笑む。その身体のどこにも傷はない。


「この期に及んでも、きみたちはわたしの生を望むの?」

「あたりまえです……」


 私の視界が歪んだ。膝から力が抜ける。白い地面に崩れ落ちる。アルマが私の背中に触れる。初めて会った時と同じだった。失われていく体温が、アルマの手によって繋ぎ止められている。


「幕切れというのは、こんなにもあっさりしたものなんだね」


 ヴェーラも膝をついて、なおも私たちを抱きしめてくれる。でも、もう力は感じなかった。体温も感じられなかった。


「私という、ヴェーラ・グリエールという一人の人間の生き様を、覚えていて欲しいんだ。頼める?」

「はい……」


 私の声だったのか。アルマの声だったのか。耳に入ってきた音は、聞き取れないくらいに掠れていて――。


「きみたちの中に、少しだけ居場所をもらうよ。ありがとう」

「ヴェーラ……」


 声にならない。言葉が出ない。震えるばかり。名前を呼ぶのが精一杯。


「ああ、時間がないなぁ。ここにきて、もう少し時間があったらって思う」


 ヴェーラは私とアルマの頬に、その冷たい手で触れて、目を細めた。ヴェーラの右の頬を涙が伝い落ちた。


「カティにね、伝えて欲しい」


 ――ほんとにごめん。いままでありがとう。


 ヴェーラは私たちの心の中に、そんな無邪気な言葉を残して、消えた。


 世界の照明が、落ちた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る