第2話 雑草の話

 その日、俺は河原の土手で草を毟っていた。理科の宿題で、20種類の草を集めなければならないからだ。勉強は出来なくても、これならできるか。算数のドリルをやるよりは全然楽だ。でも20種類も見つけることができるかな?


「おお、ケンタじゃないか。何をしている」

 川の上流から白髪頭のジーサンがやって来た。

「理科の宿題。色んな種類の草を集めなきゃいけないんだ」

 ホウホウどれどれと、ケンタの収穫袋を覗き込んだ。

「これはいかん。チョット待っていなさい」


 ジーサンは自分の家から、筒状になった包丁のようなものを持って来た。

「せっかく植物採集をするなら、根ごと採った方が良い。これはこう使うんだ」

 移植ゴテという、その道具で紫色の花を咲かせた草を掘り起こした。地面の下には細い大根のような根が付いていた。

「これはハマダイコンという。花の形と根に特徴がある」

「こんな雑草にも名前があるのか?」


 ジーサンは少し困った顔をした。俺の頭に手を乗せて髪の毛をクシャクシャとかき混ぜる。

「どんな生き物にも名前がある。見たこともない草を雑草と言って片付けてしまうより、どんな名前で、どんな生き方をしているのか知っていた方が楽しいだろう?」

「俺、バカだから分かんねーや」

「こら、ケンタ!」

 今度は怒った顔でジーサンは言った。

「お前はバカじゃない。勉強できたってバカは一杯いるぞ。今のお前は勉強が得意ではないかもしれないが、それをバカとは言わない」


 それから俺はジーサンと、半日河原を歩き回った。ハマダイコンはアブラナ科の植物で、花びらは4枚。十字架の形をしている。同じ仲間には菜の花という、黄色い花があると教えてもらった。白い花はロケットだ。とても全部は覚えきれない。20個集めなければならない宿題も、結局7種類しか集められなかった。


 翌日、大きな模造紙に貼った植物を持って、小学校に行った。クラスの中で一番種類を集められなかったのは俺だ。勉強のできるクラス委員の愛美は、30種類を集めていた。

「ケンタ君は、どうして葉や花だけでなく、根まで取って来たのですか?」

 理科の先生に聞かれて、ジーサンに教わったことを、そのまま言った。


「・・・雑草という生き物はいないですか」


 先生は目をシバシバさせてから、俺の模造紙を黒板に貼った。

「大変勉強になりました。ケンタ君は良い先生に出会いましたね。それでは今日は植物の分類の話をしましょう。

 少し難しいですが、ケンタ君の採取した植物は全て、ブラシカ・・・ アブラナ科の植物になります。例えば皆さんが毎日食べているキャベツや小松菜が、その仲間です」


 もう難しくて良く分からん。


 放課後、先生に呼ばれた。いつもはカーチャンと来て、怒られるだけの職員室で、その日の先生はニコニコしていた。この模造紙は県の研究会に提出するので、返却には時間がかかること。時間があれば植物の勉強を続けるように。と言われた。


 植物の勉強って何だ? 根っ子ごと草を掘り起こして、紙に貼ることか?


 その日の晩御飯の時に、理科の授業の話をトーチャンとカーチャンにした。提出物を褒められた事は、喜んでいたが、ジーサンの話をした途端、カーチャンの機嫌は悪くなった。

「あそこの家と関わりあうなって言ったろ!」

 トーチャンはビールを呑みながら、俺の話を最後まで聞いた。雑草の話やアブラナ科の話。全部言えたかな? 


「そうか。お前はバカじゃないか」


 晩御飯の後、トーチャンは何処かに電話をして、一升瓶をぶら下げて家を出た。カーチャンの機嫌は悪いままだ。夜中にベロベロに酔っ払って帰って来たトーチャンと盛大な喧嘩を始めた。


 でも次の日から、ジーサンの迷惑にならない範囲で、一緒に遊んでもいいとカーチャンに言われた。


 何でだろ?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る