初恋の終わらせ方 ③

「聞いたよ。トモと結婚するんだって?」

「うん。子供が中学に入学するから、タイミング的にちょうどいいんじゃないかって」


 ユキは、2年前の梅雨にショッピングモールで偶然出会った時に、アユミがトモキにそっくりな男の子を連れていた事を思い出す。


「前にモールで会った男の子だよね?」

「うん。うちの子、正起マサキって言うんだけどね。生まれた時からお父さんはいないんだよってずっと言ってたのに、マサキはいつの間にか、トモくんが父親だって気付いてたみたい。私がダメだって言ってもどうしても会いたくて、私には内緒で一人で東京に行ったりしてね……。そこで二人が出会って、私とトモくんも再会できたんだけど……マサキはトモくんの事が大好きだから、『やっと一緒に暮らせる!』って、すごく喜んでるよ」

「そうかぁ……。アユはすっかりお母さんなんだねぇ……。私とはえらい違いだわ」


 アユミの幸せそうな顔を見て、ユキは疑問を抱いた。

 別れてから10年以上も経ってから結婚しようと思うほどお互いに好きなのに、なぜ二人は別れたのか。

 やはりトモキがロンドンに行ったのが原だったのだろうか?

 13年前、トモキが渡英する少し前に会った時、アユミは体調を崩して大学を休学中で、一度母親の元に帰ると言っていた。

 その11年後、今から2年ほど前の梅雨にモールで偶然会った時、アユミはマサキを連れていた。

 あの時休学していたのは、おそらく妊娠していたからだとユキは思ったのだが、トモキはアユミが妊娠したことも出産したことも、最近になって知ったと言っていた。


(あれ?アユが妊娠したのは、トモがロンドンに行く前だったはず……。もしその時二人が別れた後だったとしても、普通、妊娠したら相手に知らせるくらいはするよね?なんでアユはトモに知らせなかったんだろう?)


 かなり込み入った話なので、尋ねてもいいものかとも思ったけれど、ユキはそれとなく話を聞き出してみることにした。


「アユとトモはさ、一度別れてるんだよね?それってやっぱ、トモがロンドンに行くことになったから?」


 手を動かしながらユキが尋ねると、アユミは少し困った顔をした。


「別れた時はまだ、トモくんにそんな話はなかったよ。ロンドンに行ってたのを知ったのは、トモくんたちがデビューしてから。マサキが『ALISON』のファンでね、テレビで見てビックリした」

「そうなんだ。妊娠したって気付いた時、トモはまだロンドンに行く前だったよね?なんで知らせなかったの?」


 ユキの言葉に、アユミは何かを考えるそぶりを見せた。


(あっ……今のはちょっとストレート過ぎたかな?)


「ごめん、変なこと聞いて。ちょっと気になっただけだから、答えたくなければいいんだ」


 ユキがそう言うと、アユミは小さく息をついた。


「ユキちゃん、ここだけの話にしといてくれる?」

「え?ああ、うん……」


 アユミはいつになく神妙な面持ちで口を開いた。


「私たちが別れたのは……私がトモくんを裏切ったから」

「……え?」


 アユミの口から意外な言葉が飛び出した。

 ユキは動揺を表に出さないよう、細心の注意を払う。


「トモくんと付き合いだしてすぐに、初恋の人と偶然再会してね。たまに食事したりしてたんだけど……。トモくんとの関係にちょっと悩んでた時、その人に好きだって言われて……一度だけ関係を持った。イヤなら本気で拒めって言われたし、拒もうと思えば拒めたのに、私にはそれができなかった」

「……なんで?」

「トモくんのことは好きだったけど、このままでいいのかなって迷ってたから。それに……その時の私は、トモくんと正反対の性格の彼に惹かれてたの」

「正反対だったの?どんな人?」

「大人にはなったけど、優しいところは昔と同じだった。私は中学から遠くの全寮制の私学に行ったから、好きだって言わないまま会えなくなってあきらめたんだけどね」


 ユキはアユミの話を聞きながら首をかしげた。


(あれ?中学行く前に好きだったってことは、小学校の同級生?大学生の時に再会して、時々食事したりして……?)


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る