第8話 キャラクター作りと「二面性」

 昨日、電車を降りたら急に雨が降ってきて、あわてて喫茶店に駆けこみました。

 そして、雨が止むのを待ちながら、今書いている小説について思いめぐらせていました。


 浮かんだアイデアは、お気に入りの無印良品の小さなノートにメモしておきます。

 手にするのも無印良品のエメラルドグリーンのペン。

 私の好きな色なんです。


 使い慣れた、お気に入りの文具ってありますよね。

 別に私は無印良品の回し者ではありませんが、よく使わせていただいています。




 新作のほうは、おかげさまで7万字をこえました。

 しかし、終わりはまだ遠そうです。

 8万字を過ぎたあたりで終盤の大きな山を迎えるので、今はその山の麓を目指して歩いている感じです。


 実は今、二つの課題を感じています。

 そのうちの一つは「キャラ作り」です。


 今書いている作品の主人公は、中学一年生の女の子です。

 引っ込み思案で、一人ぼっちになりがちな、内気な性格をしています。

 作品全体を通して、この子の成長を描いていくことがテーマです。


 主人公の性格は分かりやすく、少しもひねっていません。

 素朴で純粋で、応援してもらえるような子になっているといいな、と願っています。


 問題は、主人公の脇を固めるキャラクターたち。

 主人公が素朴な分、脇役のキャラが立っているとよいのですが……。

 今さらながら、キャラが少し弱いような気もしています。




 最近、キャラクターの「二面性」について考えるようになりました。

 たとえば、少女漫画に出てきそうな王子様キャラがいたとします。

 だけど、単なる王子様では面白くないので、新たにもう一面ちがった色を加えてみる。


・『王子様』×『寂しがり屋』


 いわゆるギャップ萌えですが、こうすると、たしかにキャラに深みが出る気がします。ほかに例を挙げると、


・『無口で武骨』×『情に厚い』

・『甘えたがり(弟系)』×『いざという時頼りになる』

・『ツン』×『デレ』


 などなど。

 こう並べると古典的な気もしますが、印象的なキャラには「二面性」があるようです。

 「二面性」ではなく「多様性」であれば、さらにキャラは深まるかもしれません。




 今度の作品には幽霊が出てきます。

 私の場合、ホラーが苦手なのでコメディタッチになっています。

 そのため、幽霊も必然的に明るい性格になっています。

 ただ、この幽霊には暗い過去があるので、


・『明るい性格(陽キャ)』×『暗い過去を持つ』


 幽霊の「二面性」はこんな感じ。

 ちょっと弱いかなという気がしています……。


 ほかにも、おしとやかな大和撫子キャラがいるのですが、この子は物怖じしない性格の持ち主でもあります。


・『おしとやかな大和撫子』×『鋼のメンタル』


 はたして、これは「二面性」と言えるでしょうか?

 前者と後者は真逆ではありませんが、二つの要素を持つと言う点では「二面性」なのかもしれません。


 とにかく、意外な複数の要素を組み合わせることで、印象深いキャラクターが生み出せるのではないか、と最近考えていて。

 7万字に到達する前に気づけばよかったな、と……。


 そもそも、小説を書きはじめる前に、キャラクターの設定をもっと掘り下げておくべきなのだろうと思います。

 初期設定って、やっぱり大事ですね。




 ここまで、キャラクターの「二面性」なり「多様性」について書いてきました。

 しかし、よく考えてみれば、人物の「多様性」を描くということは、つまりはちゃんとした人間を描くということでもありますよね。

 結局、生きた人間をどれだけ描けるか、という点が鍵なのかもしれません。




 みなさんは、どのようにしてキャラクターを生み出していますか?

 キャラ作りについて工夫されている点などあれば、うかがってみたいです。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る