第7話 自己肯定感 /『ラブライブ!虹ヶ咲~』第三話

 日を重ねるごとに寒さが増してきたように感じます。

 見上げれば厚い雲。

 乳白色のミルクに青い雫を一滴溶かしこんだかのような、淡い水色の低い空が広がっています。

 それでも、今日は雨が降ると思っていたので、晴れ間がのぞいて気持ちも和らぎました。




 さて。


 昨晩、『ラブライブ! 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』の第三話が放送されました。

 物語の展開が個人的に好ましく感じられたので、今日はその話を少しだけ。

 第三話の構成について考えてみたいと思います。


 テーマは『夢への挫折、からの再生』。


 ネタバレに配慮してざっくり書きますが、気にされる方はバックしてください。

 もう一度言います。ネタバレ注意です。

 よろしくお願いいたします。







 まず、物語の大きな枠組みはだいたいこんな感じ。


【変化前】

 夢への挫折。本音をしまいこむ。心の封印。

 ↓

【きっかけ】

 他者からの励まし。――※

 ↓

【変化後】

 再生。心の解放。新たな一歩を踏み出す。




 次に、※の部分を掘り下げていくと、


【変化前】

 強烈な自己否定。

  ↓

【励ましの内容】

・あなたには幸せでいてほしい。

・あなたの歌が聞ければそれで十分。

・あなたがいて、ファンがいる。それでいい。

・あなたのことが大好き。こんな気持ちにさせたのはあなた。

(あれ? 百合アニメだっけ?)

  ↓

【変化後】

 たとえわがままでも、本音を貫いてよい。

 =自己肯定感の獲得。




 ……うーん、このざっくり感。

 本当はちょっとちがうので、詳しくは公式チャンネルをどうぞ。

 今ならYouTubeやニコニコ動画などで無料で見られます。

 第三話だけでも十分楽しめると思います。




 夢を追い続けていると、時に挫折を味わいます。

 グループ活動であれば、衝突や食いちがいもあるかもしれません。


 それでも、あなたの頑張る姿に心を動かされる人がいる。

 あなたを認め、肯定してくれる人がいる。

 そして、本当に大切なものは、あなたの心の中にある。

 あなたはもっとあなたを認めてあげていい。


 ……そんなことを教わったような気がします。




 物語の構成については以上です。

 あまりに大雑把で、至らない点が多々あったかと思います。

 少しは参考になるところがあるとよいのですが……。


 結局、私は心情の変化を丁寧に描いている作品が好きなんだと思います。

 その点では、一話も二話もとても丁寧でした。


 また、第三話のメインキャラは、真面目な優等生タイプの子でした。

 真面目で一途で繊細で優しくて、心に強い思いを秘めている、そんなキャラに魅力を感じたのだと思います。




 最後に。


 いつもの近況報告です。

 おかげさまで6万字をこえました。

 あと4万字もあるのΣ(゚Д゚)!? というのが本音です……。


 書き続けるのはとても骨の折れる作業で、

 疲れもするし、心をすり減らすこともあります。

 挫折もします。

 それでも、読んでくださる皆様に感謝し、

 時には自分を肯定し、ちゃんと認めてあげて、

 夢を追い続ける自分を誇ってもよいのかもしれませんね。




 それではまた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る