第6話 どんな世界観であれ、「やり切る」って大事

 気づけば10月ももう半分が過ぎました。

 時間が経つのは早いですね。

 来年の占いの本もたくさん出ていて、いくつか読んでいます。

 来年こそ良い年でありますように。



 さて。


 今期はアニメが豊作で、いろんな作品に目移りしてしまいます。

 最近気になったのは『ヒプノシスマイク』という作品。


 武器の所持が禁止されている世界で、人々は代わりにマイクを持って戦います。

 ラップでバトルするんです。

 街の不良もマフィアもテロリストも立てこもり犯も、なぜかみんなマイク(違法マイクらしい)を持っています。

 敵は敵なりに下手なラップを披露することも。

 一方、主人公格のキャラクターたちもマイクを握って立ち向かいます。

 そして華麗なラップで圧倒し、最後には敵を爆破して終わります。


 ……とまあ、ストーリーも世界観も荒唐無稽なようですが、なぜか見せられてしまう。

 そんなエネルギーに満ちた作品でした。

 どんな世界観であれ、「やり切る」って大事ですね。


 ラップって、言葉遊びの要素もあって。

 ラップなんて普段はまるで聞きませんが、言葉遊びに惹かれたのかもしれません。

 2話までは見たので、とりあえず次の3話も見てみる予定です。

 気になった方は一度ご覧になってみてください。



 ところで。


 最近困ったのは、わが県のGoToイート食事券。

 その電子食事券はLINEを通じて購入するとのこと。

 私、LINEなんてやってないΣ(゚Д゚)!


 ただ、食事券には電子以外に紙媒体のものもあるので、さっそくはがきで申し込みました。

 はがきを出したのはすごく久しぶりで、1枚いくらだったか分からない始末。

 63円でした。

 紙の食事券は来月から配布のようです。


 とりあえず2万円分申し込みました。

 それで2万5千円分の食事ができるということなのですが。

 そんなに外食するでしょうか(汗)?

 申し込んだ後で、ひそかに心配になりました。



 最後に。


 カクヨムコン向けの新作ですが、なんとか5万字は越えました。

 頭のなかではストーリーが完成しているのに、遅々として筆が進まず、もどかしいです。


 最近では、「書きたい」という素直な気持ちよりも、「書かなきゃ」という使命感のほうが勝っているように感じます。


 なんとか完成させて、早く楽になりたいです。

 今月中は無理そうですが、来月中旬までには書き上げていられるといいな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る