わたしの日常パート2

和希

第1話 幽霊モノの新作を考えています

 はじめまして。

 そうでない方は、いつもお世話になっております。


 シルバーウィークも今日が最終日。

 空は青く晴れわたり、気持ちのよい秋の朝を迎えています。


 時々、近況ノートのほうに文章を投稿しておりましたが、このたびエッセイという形でまとめることにいたしました。


 ええ、突然の思いつきです。

 週1回程度でも更新できればと思います。

 少しでもお楽しみいただけたら幸いです。




 それでは、さっそく近況を少しだけ。


 最近、幽霊モノの新作を書きはじめました。

 幽霊といってもホラーではなく(私はホラーが苦手なので)、目指しているのはコメディタッチの学園モノです。


 まだ下書きの段階で、公開はしていません。

 カクヨムコンに間に合うように、と考えています。


 一日2,000字を目標に、現段階で18,000字あたりまで来ました。

 しかし、早くもつまづきそうです……。


 プロットがぼんやりとしているからなのでしょうね。

 その場の思いつきや、勢いに任せて書いてしまう姿勢を改めないとな、と思います。

 10万字がなかなか遠いです。


 せっかく幽霊なのだから、幽霊なりのメリットを生かしたいのですが、苦戦しています。

 それと、幽霊ギャグも意外と思いつかなくて。

 たとえば……


幽霊:「あーびっくりした。心臓が止まるかと思った」

相手:「あなたの心臓はもう止まっています」


幽霊:「もう、揚げ足取らないで」

相手:「あなたに足なんてないでしょう」


 ……こういうのは思いつくのですが、数がまだ少なくて。

 もし妙案がございましたら、こっそりお教えください(懇願)。




 それと、話は変わりますが、5分読書の短編の募集も気になっています。

 テーマに沿った物語が思いついたら書いてみたいです。




 エッセイ。

 アイドル作品『ヴァルキュリア』シリーズの更新。

 カクヨムコンに向けた幽霊モノの新作。

 5分読書の短編。


 ……本当にこんなに書けるのでしょうか(・_・;)?




 皆様と励まし合いながら頑張っていけたらと思います。

 今後ともよろしくお願いいたします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る