テルモピラーの戦い:Ⅱ



 レオールと転移者達が対峙する数分前



 テルモピラーの中では各自が配置につき、いつでも作戦行動できるようになっていた。


 魔への谷のゴーレムを操作している『クィントゥス』は周囲の監視を続けていた。


「こちらスキャン1。敵の大部分が『罠』で脱落したのを確認した」

『了解。引き続き監視を続行せよ』

「スキャン1了解」


 作戦行動中での連絡の際はコードネームでやり取りする。名前だと長い者もいるので混合しないようにするためだ。


「(父さんは、転移者と接触したかな……)」


 クィントゥスは兄弟の中でもかなりの心配性だ。以前勇者と1万の軍勢が押し寄せた時も作戦中ずっと落ち着かなかった。ソワソワして集中が欠けていたのだ。


「クィントゥス、大丈夫だ」


 それを感じ取った同じ監視役の『マルクス』が横から声をかけた。


「マルクス兄さん……」

「確かに今回の勇者、転移者は脅威度が高い。一筋縄ではいかないだろう」



 10段階に分けられている脅威度だが、分け方の目安は魔獣の等級と変わらない。これは魔獣との差別化を図るためだ。


 1~2は下級未満、3は下級並み、4は中級並み、5は上級並み、6は超級並み、7~8災害級並み、9~10はそれ超えていると判断される。


 7~8の相手が1人ならいいが、それを3人同時に相手にするとなれば善戦はできない。



「でも、父さんなら勝つさ。そのために僕らもいるんだから」


 マルクスは笑顔と共にクィントゥスに答えた。


「……そうだね。全力でフォローしよう!」

「その意気だ」


 互いに自信を持ち、指示を待つ態勢を整えた。



 その数秒後、レオールと転移者達の戦いが始まった。



 ・・・・・・



 『猛獣の咆哮』!!!



 先に仕掛けたのはレオールだ。地面を抉る威力の厳つ声が転移者達に音速で向かう。


 【防壁ガード


 しかし、転移者達はこれを魔術一つで防いでしまった。防御から漏れた地面は抉られ、吹き飛んではいるが当人達は全くの無傷だ。


「下品な声だ。やはり魔族は知性の低い獣だな」


 マルガリータが鼻で笑いながら貶した。


「そんな下等種族に本物の攻撃を見せてやる。有難く思え」


 

 『大気に舞う水の魔力よ! 我が名に従い



 ヒュン、と、マルガリータが詠唱を始めたのと同時に、テルモピラーから攻撃が飛んで来る。



 だが、間一髪のところで防がれてしまった、


 防いだのは銀色に輝く液体だった。飛んで来た弾丸を吐き出し、地面に転がす。転がった弾は3発だった。


「頭を一点集中か。魔族のくせに大した精度だ」


 液体を操っていたのはバベッジだ。彼の周囲に徐々に溢れ始め、包むようにして形を変える。


「な、何を……!?」

「勘違いするなよ。同じ貴族のよしみで助けただけだ。隙を見せれば急所を撃たれるぞ」


 こう話している間にも、音の無い攻撃が連続していた。


 最初の実弾以降は【隠密】で隠された魔術弾だ。純粋な魔力だけの弾で、当たれば簡単に人間を貫通する。今はバベッジが展開している液体で防ぎきっている。防ぐ度に金属同士がぶつかる様な音が鳴り響く。


「(これは厄介だ……。物理的に頑丈な物でなければ防ぎきれない)」



 何故【防壁】で守っていないのか。それは最初の弾丸が【防壁】をすり抜けてきたからだ。


 バベッジが発動しているユニークスキル『流体金属』には、『自動防衛機能』が備わっている。これは【防壁】と言った【防御魔法】が破られた際に自動で発動する派生スキルだ。


 さっきはマルガリータを守るために自動発動したのだ。つまり現在進行形で発動している【防壁】を無視して攻撃してきている事になる。



 バベッジは他の2人を同時に守りながら、テルモピラーへの攻撃の算段を考える。


「(このままだと埒が明かない。どうにかして応戦しなければ)」


 バベッジはスキル『透視』で流体金属の向こう側を確認する。



 透視した直後、目に飛び込んできたのは、レオールが上から落ちてきて、金棒を目の前で薙ぎ払う直前の姿だった。


「あ?」


 次の行動に移そうとしたが、既に手遅れだった。




 『地獄堕』!!!



 

 全力で薙ぎ払われた一撃で、バベッジの『流体金属』は全て吹き飛ばされ、衝撃波で爆発が起きた。大量の土煙が上がり、辺り一面が視界不良になった。


 ・・・・・・


 土煙が上がり、何も見えなくなったクィントゥスとマルクスはゴーレムを全稼働させて状況を確認する。


『スキャン1! 確認できたか?!』

「こちらスキャン1! 視認できませんが、魔力反応は確認できます! 全員変化ありません!!」

『トドメにならなかったか! 引き続き監視を!』

「こちらスキャン2! 煙が晴れてきた! もう少しで視認できます!」


 土煙が晴れ、徐々に状況が見えてきた。


「……え?」

『スキャン2、状況を報告せよ!』

「え、あ、そんな」

『どうしたマルクス!? 状況報告!!』



 マルクスの眼に映ったのは、信じられない光景だった。



 ・・・・・・


「ぐ、あ」


 

 レオールの放った一撃は確かに届いていた。



 だが、それは余波でしかなかった。



「全く、いつまで私を待たせるつもり?」


 金棒はたった一人の少女によって止められていた。しかも片手でだ。


「……申し訳ない、レディ・メリーゴーランド。貴方の手を煩わせてしまった」


 バベッジが申し訳なさそうに謝罪した。マルガリータも苦い顔をしている。



「もういいわ。すぐに片を付けましょう」



 そう言って片手に持っている紅い大剣は、レオールの腹を貫いていた。



 生物めいたその大剣は、今までどこに隠していたのか分からない程巨大な物だった。それがいきなりレオールの目の前に現れ、腹部を貫いたのだ。


「(馬鹿な、この至近距離まで近付いて気付かなかっただと……! 俺とした事が、不覚を取ったか……!)」


 何とか抜こうとするが、細かい返しが付いており、簡単に抜けない。


 

 この隙がさらにレオールの状況を悪くした。



 

 【ウォータード連射砲ラゴンガトリング】!!!


 『鉄槍メタルランス』!!!



 

 マルガリータの強力な水の連撃と、バベッジの金属の大量の槍がレオールの身体を更に傷付ける。


 【身体強化】で強固な肉体に仕上げていてもなお深く突き刺さるその威力は、レオールに深手を負わせた。しかも、声を使って攻撃する事も考慮して喉を潰してきた。金棒を持っている右腕にも相当の数の攻撃が入る。


「ッッッ!!?」

「ふははははは!! どうした魔族!? 無様に鳴いて見せろ!!」


 マルガリータの汚い声がレオールを嘲笑う。



 レオールは脱出しようと後退するが、大剣が中々抜けない。金棒も掴まれてビクともしなかった。



 その間にも、攻撃が続行される。



 攻撃を受ける度に傷が増え、血が噴き出し、力を奪われる。



 『猛獣の咆哮』、『蛮族の祀り火』は口から吐き出して使う技だ。喉を潰された今、それらに類する技は使えない。金棒を掴まれて『地獄堕』、『灼熱堕』も使えない。抗う術が無いのだ。後方支援を頼もうにも、レオール自身が邪魔になって転移者達に攻撃できない。完全に打つ手無しの状況になっているのだ。



「(ま、ずい。このままでは、負けて、しまう……!)」


 

 攻撃が遂に内臓に達し、吐血してしまう。

 足元には大量の血が溜まっていた。かなりの量が出ていて、いつ失血死してもおかしくない量に見える。



「(すまん、我が子達よ。俺が不覚を取ったばかりに……)」


 遠くなり始める意識の中で、息子、娘達の顔が見え始める。


「(トーリ、クィントゥス、マルクス、リョーショー、シィカ、クセル、クセス……。ああ、ダメだ……。意識が、遠く……)」



 暗くなる意識の中で、最後に見えたのは、バエリアだった。


「(バエリア……。すまない。俺は、お前と……)」




 その時、脳裏で閃きが起こった。




「(……血?)」



 自分の血を改めて見た。



「(水、流体、魔力)」


 

 点が、一つの解に繋がろうと結ばれ始めた。



「(バエリアの、技は)」



 そして、閃きと解が合わさった時、レオールに新たな力を呼び覚ました。




「……?」


 メリーゴーランドは抵抗が無くなってきたレオールから、妙な魔力を感じた。というより、『溢れ出している』のを感じた。


「(何かしら? この感じ?)」


 疑問に感じていると、大剣から伝ってきたレオールの血が手に流れてきた。


「……汚い血」


 早々に拭き取ろうと魔法で洗い流そうとする。



 その時、手に付いた血から強烈な殺気を感じた。



「ッ!!!!!」


 殺気に気付いたメリーゴーランドは、咄嗟に距離を取ろうと金棒から手を離し、大剣を抜こうとする。しかし、大剣はそう簡単に抜けそうに無い。自分がそう刺さるようにしたからだ。


「2人共!! 離れなさい!!!」

「え?」

「は」


 間抜けな声を出して、動作が一つ遅れる。


 その隙を、さっきの仕返しと言わんばかりに突いた。




 『衆合地獄・鉄血山』!!!



 

 レオールの足元にできた血溜から大量の針が一瞬にして飛び出した。


 バベッジとマルガリータは【防壁】で防ぐが、すぐに割れ始め、後退せざるを得なかった。


「くっそ!!」

「ちい! しぶとい!!」


 メリーゴーランドはどうにか大剣を抜き、距離を取っていた。


 針の長さは20mにもなり、一本一本が【防壁】を簡単に破ってしまうほどの威力がある事が分かる。


「(どういう事?! さっきまで瀕死のはずでは……?!!)」


 狼狽していると、上から大量の矢が弧を描いて飛んで来た。


「ちい!」


 咄嗟に【防壁】で守り、全ての矢を弾く。


 その間に針山に隠れていたレオールはテルモピラーに向かって後退していた。


『レオール様! そこで止まって下さい!!』


 【念話テレパス】で聞こえた声に従い急停止する。



 そこへ立て続けに魔術弾が何十発も撃ち込まれた。



 【回復弾ヒールバレット



 魔術弾は攻撃だけでは無い。弾に込めた魔術によって遠距離からの治療、強化も可能だ。


 レオールの傷は徐々に癒えていき、出血も収まった。潰れた喉も治っていく。


「あー、あー、あー」


 声帯の状態を確認し、問題無く声が出せる状態になった。


「(さて、どうするか)」


 今はテルモピラーからの攻撃で足止めできているが、弾も矢も無限では無い。その内尽きるのは目に見えている。


 転移者達の能力を見誤ったことを反省し、ここからどうするかを考える。



「(接近戦はあの少女で止められてしまう。遠距離攻撃は液体みたいな金属で止められてしまう。そして中距離だと水鉄砲が飛んで来る)」



 状況を整理し、相手の良い所を洗い出す。そこから悪い所も見つけていく。そして、改めて策を練る。


 この間、僅か10秒。


 レオールの戦場における思考の速さは十二魔将の中でトップだ。


 故に、『闘将』。



 深呼吸をし、金棒を構え直す。【念話】でテルモピラーにいる兵士全員と繋いだ。


『……これより作戦を伝える。一度しか伝えん。聞き漏らすなよ』



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る