五匁六分とあと少し

作者 偽教授

罪のない命を奪うということ

  • ★★ Very Good!!

堕胎のお話。厳しい。
堕胎された胎児には当然だがなんの罪もなく、また、「堕胎すれば結婚する」と言われて泣く泣く堕胎を受け入れた母親にも非はないわけで

まあわたしは望まない妊娠に対する堕胎は認める立場なのですが、こういう堕胎は殺人ですよね。殺人というと、「恨んでいた」だとか、「トラブルがあった」だとか、「故意ではなかった」とかの理由があるわけですけど

「赤ちゃんが生まれてきたから困るから堕胎」という理由は、そのどれにも当てはまらない殺人ですよね。

なんなんですかね

なんなんでしょう

命、の存在そのものを消し去るための殺人って、それもう、手段が目的みたいな話だなあと

なんなんでしょう

複雑な気持ちになりました。
まとまらない感想ですみません

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

千石京二さんの他のおすすめレビュー 311