急展開! 戦士たち絶体絶命!!

奈良での死闘は、ナノBURSTスーツ3戦士、敗色濃厚であった。


藤村岬、海津丈、名護龍樹は、魔剣フルオッグソードを駆る、セーラー服邪神、森山純に圧倒される。


そこへ、超音速でやってきたのは、黒いナノBURSTスーツに身を包んだ、吉崎巧であった。


「藤村! 海津! 名護! 辻山はどうした!?」


「憂歌なら、ジーザスエンドに居るんじゃないのかい!?」


赤とオレンジと緑と黒のナノBURST戦士たちは、改めて【セーラー服邪神森山純】と対峙する。


サンパウロの時の牢獄では、ナノNEXTスーツに身を包んだ辻山憂歌の攻撃を、一切受け付けない【謎の生命体=カイ】。


「鉄よりも硬い・・・。まるでダイヤモンドのような身体だ・・・」


金色に光り輝くカイは、衝撃の事実を語った。


「当たり前です・・・。私の身体は、ダイヤモンドより硬い”フルオッグシード”で構成されているのですから・・・」


圧倒的なカイの攻撃に、劣勢に追いやられる辻山憂歌。


【私は30年後の未来からやってきた未来人・・・。今森山純が胎内に宿しているフルオッグシード・・・。無事に生まれた胎児の30年後の姿こそが私なのです!!】


辻山憂歌は言葉を失った。


「我が母、森山純・・・。生みの母親と出逢えて嬉しかった・・・。今も嬉しいですよ、辻山憂歌さん・・・。いや、お父さん!!」


カイのパンチキックに圧倒される辻山憂歌。


「せいぜい実の息子の反抗期を味わって下さい!!」


激しいダメージに、ナノNEXTスーツは変身解除され、辻山憂歌は時の牢獄の床に突っ伏した。


「まさか!? 君が、俺と純ちゃんとの間に生まれた子供!? しかもフルオッグシード!?」


キャサリン・オゼなき今、時の牢獄との脳波通信も可能である。


ジーザスエンド戦闘ブリッジの藤村省吾、島村美咲は、モニターに映し出された奈良とサンパウロの現状に固唾を飲んだ。


「しかし・・・。能力者の性交渉こそが、ジーザスエンドの発動条件だったというのに・・・。能力者同士の性交渉の結果誕生する生命がフルオッグの使徒になるとは、いったいどういうことなんだ・・・」


異様な気配に、藤村省吾と島村美咲は振り向いた。


的場ジェイジェイが、キールームから戦闘ブリッジにやってきていた。


【私がキールームで死んだことを忘れたか? しかもそのキールームに、我が遺伝子を受け継ぐジェイジェイを配置するとは・・・。ネクストシードを失った、残留思念でしかない私に、よみがえれと言っているようなものではないか? 違うか?】


的場ジェイジェイは「男の声で」喋り始めた。


あの【ネクストタイプ首魁=ジーン・ハートロッカー】の声で。


奈良で戦う、セーラー服邪神森山純対、新体制のナノBURSTスーツ4戦士。


サンパウロで戦う、未来人カイ対ナノNEXTスーツ戦士辻山憂歌の「親子対決」。


そして、ジーザスエンドにて、娘、的場ジェイジェイの身体を借りてよみがえった、ジーン・ハートロッカー。


全人類の究極のピンチに駆けつけようと、究極の残留思念【レイン=小林雪】は、外宇宙から地球圏へと、急いで帰還しようとしていた・・・。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます