花の女子高で唯一の冴えない男教師。いつも生徒や同僚からバカにされているが……実は陰からみんなを守るスゴ腕だった。

作者 三葉 空

色流す蛙は流色。サロンで着替え。色とは想い。321星。反冴えず。中間!

  • ★★★ Excellent!!!

3、2、1で擬態の星カエル。1、2、3で擬態の…? 何処をグラディエーションの色。両極を知る。僕かみんなか? 虹の心の置き場所は何処で妥協の色。
テンポはミデアムで、女生徒達の変化する想いを見事に描いているところが特筆される。一見有りがちだが、主人公の両面の姿にオリジナリティーを感じる。
僕は個人的に主人公の両面に気付いて欲しい。これはこれでハラハラして見事だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

大槻有哉さんの他のおすすめレビュー 290