第8話 時の森を案内してもらった

・・・・・・


〈レイ君、起きて!もう朝だよ!〉


〈・・・もうそんな時間なのか、もう少し寝かせてくれ。〉

〈もう!それ何回目なの!昨日もそういってたよね。・・・ほらっ、早く起きて!〉

〈ん、、、おはようクロノ!〉

〈おはよう、レイ君!もうご飯できてるよ!〉


そう言って、クロノはどこからか取り出したテーブルに、ご飯を並べだした。


〈いただきます。・・・今日も、クロノのご飯はうまいな!〉

〈そう?ありがとっ!・・・ところでレイ君、今日の予定なんだけど、〉

〈分かってるよ!今日の修行はなしで、バアルさんが俺に時の森を案内してくれるんだろ〉


確か昨日、クロノがそんな感じのことを言ってた気がする。

まあでも、修行ばかりしてて、時の森については全然知らなかったから、ちょうどいい機会かもしれない。


〈そうそう、だからレイ君には悪いんだけど、ご飯食べ終えたら、すぐに、バアルと一緒に行ってくれる?〉

〈別にいいよ!〉


俺はクロノの言葉に少し違和感を覚えたが、気にせずそう返した。


・・・

それから、俺とクロノがご飯を食べ終えて、しばらくすると、バアルさんがやってきた。


〈レイ、遅くなって悪かったな!久しぶり!150年ぶりか?今日は時の森を案内してやるから、楽しみにしてろよ!〉

〈お久しぶりです、バアルさん!今日はよろしくお願いします〉

〈おうっ!じゃあ、俺につかまれ〉

〈はいっ!〉


バアルさんがしゃがんでくれたので、俺はバアルさんにおんぶされる形で飛び乗った。


〈よしっ、じゃあ行くか!〉

〈はいっ!〉

〈じゃあレイ君、楽しんできてね。〉


〈じゃあクロノスタス、行ってくるよ。こっちは任せろ〉

〈レイ君は頼んだよ、バアル。また後で。〉

〈おうっ!〉


バアルさんとクロノが一瞬目を合わせてたけど、特になんもないよね?




・・・・・・

〈あの、バアルさん、今はどこに向かってるんですか?〉

〈今は、時の森の湖に向かってるぜ。湖の精霊がいる場所だ。レイも修行してるときに会ったことあるはずだぜ。〉

〈ああー、マリンさんのことですね。確かに一度会いましたよ。優しい方でした。修行中、マリンさんに、一度私の湖に来ないかって誘われていたんで、楽しみです!〉

〈なあ、そのことなんだけど、レイ、お前魔力増えすぎじゃね?俺らの中で、一番魔法を使えるシャルルでもそんな魔力量ないぞ。〉

〈えっ、そうなんですか?〉

〈ああ!お前どれだけ、修行頑張ったんだ?〉

〈毎日、休みなしで250年間、魔力を使い切って倒れて、また起きて、それでまた使い切るっていうのを繰り返してました。〉

〈お前、相当頑張ったんだな。〉


なんか、バアルさんが俺を憐れみの目で見てる気がするけど、勘違いだよね?



・・・・・・

〈ほら着いたぞ。〉

〈ここがっ、、、〉


俺は目の前の景色に目を奪われ、言葉を失った。

それほど、湖が美しかったのだ。

俺は、どのくらい硬直していたか分からないが、声をかけられて初めて、自分がぼーっとしていたことに気づいた。


〈レイ、おいレイ、大丈夫か?〉

〈あっ、バアルさん、大丈夫です。この湖に見とれてただけなので。〉

〈そうか、それならよかった。もう少ししたら、次の場所に行くからよく見ておけよ!〉

・・・

〈レイちゃん、久しぶりね〉

突然、声をかけられた。この声は、


〈マリンさん、こんにちは!お久しぶりです。修行の時以来ですね。〉

〈ええそうね。あなたもだいぶ成長したじゃない!体はまだ小さいけど、魔力量は前会った時とは、比べものにならないくらい増えているわね!〉

〈ははは、いろいろあって、〉

〈あらそうなのね。・・・ところで、レイちゃんはここを見てどう思った?〉


マリンさんは不安そうな顔をしている。


〈手入れがしっかりと行き届いてて、綺麗でどこか神秘的な場所だなと思いましたよ。〉


俺は、思っていたことを率直に言った。

すると、マリンさんはうれしそうな顔をして言った。


〈あらっ、それは嬉しいわね。ありがとう!〉

〈いえいえ、俺もこんな場所を見せてもらってありがとうございます〉


それから、俺とマリンさんは修行中にあった面白い出来事とか、ここの手入れの仕方など、他愛もない会話をしていた。


・・・

〈おいっレイ、そろそろ次の場所に行きたいんだけどいいか?〉

〈あっ大丈夫ですよ!・・・じゃあ、マリンさん今日はありがとうございました〉

〈ええ。こちらこそあなたと話せて楽しかったわ!またいつでも来て頂戴ね。〉

〈はいっ!またここに来たときはよろしくお願いします。そろそろ行かないと、バアルさんに怒られちゃうので行きますね。さようなら!〉

〈またきてねー。〉


そう言って、マリンさんは姿が見えなくなるまで、手を振ってくれていた。


「あれでまだ2歳とか末恐ろしい子ね。ふふっ!」


マリンはレイが去ったあとそうつぶやいた。



・・・・・・

〈バアルさん、次はどこに向かってるんですか?〉

〈次は花畑だ。花の精霊がいる場所だぜ。〉

〈ああっ!ドリヤードさんのところですね。〉

〈知ってたのか?〉

〈修行してた時に会いました。ドリヤードさんにも自分の作った花畑を見てほしいって言われてたんで、楽しみです。〉

〈そうなのか、、、〉


あれっ、なんでバアルさんは驚いてるんだろう。


〈ところで、バアルさんの裏ランキングは何位なんですか?〉

〈突然だな!まあいいや。答えてやるよ!俺は24位だ。で、ホイップが21位で、シャルルが26位だ。〉


えっ、、、高くない!?もともと強いと思ってたけど、そんな強いの?俺、本当に750年後バアルさんたちに勝てるようになってるのかな?だんだんと不安になってきた。


〈あっ、そうなんですか。。。〉

〈おうっ!〉


それで、俺とバアルさんの会話は終了した。


・・・

〈着いたぞ、ここが、ドリヤードの花畑だ。〉





・・・・・・その頃、クロノは・・・・・・


「ホイップ、そこはそんな感じの飾り付けでお願い」

「はい、分かりました。」

「シャルル、これ採ってきて!」

「ん、、、分かった」


ホイップやシャルルと協力して、レイの2歳の誕生日の準備をしていた。


「待っててね、レイ君!」



レイは、クロノたちがそんなことをしてるとは微塵も知らず、バアルに時の森を案内してもらっているのであった。




ちなみに、


神谷零のステータス(詳細)


魔力量      2394815


ホイップのステータス(詳細)


魔力量      682550


バアルのステータス(詳細)


魔力量      294880


シャルルのステータス(詳細)  


魔力量      1025900

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます