「壊れた」わたしと「壊れる」彼女 再改定版

作者 間川 レイ

65

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

心情と行動動機が明確かつリンクしているので没入感が非常に強く、目が離せない。
互いの関係性は希薄そのものであるのが、関係性とは社会における役割であって、彼女らは語り合い、肉体が交わることで、精神と肉体という自我を結び、埋め合う。

提示される究極とも言うべき愛の表現。
様々な選択が描写されており、とても印象に残る作品。

★★ Very Good!!

彼女達が感じているモノ、それを自分は全否定する事なんてできないし、むしろ共感する部分もあるソレ。

個としての精神の成長が、社会の輪に順応する前に成熟してしまったモノ、そうであれ…という形を、もっと早く理解できていたら…と、昔の自分を思い返す事ができた話。