19.装備と服を吹き飛ばすモンスター

  ヘルインフェルノは下の階層へ行けば行くほど敵が強くなる。


 現在【240F】――やっともうすぐで、次の街だ。


 だけど、ルペコは疲労が蓄積ちくせきしていた。一番の敵は案外『ハラペコ』よりも『疲労』方なのかもしれない。


 なお、俺はそれほど疲れていない。これは【神器】のおかげだ。多分、ポルカも同様でなにか装備で疲労軽減しているのだろうな。いったどんなレア装備を身に着けているんだかな。



「……お風呂入りた〜い」



 舌を出し、息を乱すルペコ。

 そう言われるとけっこう汗をいたな。ベトベトだ。



 風呂ねぇ~…そういえば、この地下ダンジョンに天然の温泉は、ほぼ岩場系の階層にしか存在しないのだが、幸いこの階は崖とかのシンプルな『岩場』だった。



 モンスターもそういったゴーレム系とかも多い。

 でも、血のついた斧を持った凶暴なコボルトも多いんだよな。


 ちなみに歩行モンスターは『ボウクンゴーレム』、『ブラッドコボルト』の二種類。飛行系で『ハッピーハーピィ』という鳥人ちょうじんのヤツがいて、特にコイツは、冒険者の武具を吹き飛ばすことで有名な厄介やっかいなモンスターだ。特に注意したい。


 ――ま、もっとも俺は【神器】によって守られているけど。仲間の『武器』や『防具』が飛ばされないようには注意しないとな。



「――って、うあああ! さっそく『ハッピーハーピィ』が三体も!」

「ねえ、プラム。あのデカイ鳥なんなの?」



「なんなの? じゃなーい。さっき説明したろうが! 武具をふっ飛ばされるぞ!!」



「え……」



 遅かった。

 ルペコに襲い掛かったハッピーハーピィは、彼女の防具を吹き飛ばしやがった。



「きゃぁぁぁあっ!!」



「ああああああ!! ルペコ!! げ……!!」



 まず……ルペコの『服』も脱げてる――――――!!!!!



 今目の前には全裸・・の、生まれたままの姿のルペコが……。

 うあぁ、あんな肌が白い……いや違う! 見ちゃだめだ!



「ぁ…………なんで、どぉして……わたし、ハダカなのよおおおおおおお」



 うあああっと泣きわめくルペコは、全裸のまましゃがみこみ泣いた。でもそんな場合じゃないぞ……!


 俺は、ルペコの前に跳躍ちょうやくし、神器【シャーゴッティ】回転乱舞をモンスターに食らわせた。すると神器から発動したスキル『バーニング』が回転した炎となり、うずを形成。ハーピィ共を燃やしがし、丸焼きにした。



『『『ギャアアアアアアアアアア!!』』』



「……ふぅ。ルペコ、大丈夫――――かぁ!? うわああ、ルペコ! ハ、ハダカで抱きつくなあああ!!」


「だってだって! 怖かったんだもーん!!」



 あわわわわわわ……。


 ハ、ハダカのルペコが……お、俺に…………。


 う、胸が……いや、他にもいろいろ当たってる!! つーか、シッポで俺の足絡めるな!! 動けねえ……。



「ポルカ……アイテム拾ってないで助けてくれよ……」

「あ! すみません。僕、この作業が大好きで、えへへ」

「えへへじゃなーい!」

「ルペコさん。僕が服とか防具を拾ってきますから、ちょっと待っていてくださいね」


 ふぅ……ポルカがいてくれて良かった。

 このままじゃ一歩も動けなかったからな。



 ……それにしても。うーん……。


 だきっ。


 俺はルペコを抱きしめてみた。



「…………」



 あれ、嫌がらない。

 予想外にも受け入れられていた。



 ……しばらく、ポルカが戻るまではこうしていよう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます