妖怪の村の小さな学校 《アジェンナ国物語》

作者 rainy

第19話 ヒサリ先生 3」への応援コメント

このエピソードを読む

  • こんにちは。
    「歌う物乞い」という名はいいですね。物乞いが逆に神聖な苦行のように思えてきます。マルとその家族をあらわすのにぴったりだと思いました。

    作者からの返信

    九里琳様、ありがとうございます!
    「神聖」というのはその通りで、貧しくとも人々に畏敬の目で見られているイメージで書きました!西洋のホメロスや日本の琵琶法師のイメージもあります。

    2020年11月19日 19:19

  • 歌う物乞いという由来を知ることで、あの子の存在感が増しますね。先のエピソードで「歌うように名乗る」シーンと、それにインスピレーションを受けるヒサリの姿が改めて浮かんできます☆

    作者からの返信

    愛宕様、ありがとうございます!貧しく本など無い環境に生まれたのに言葉の感覚が優れている子、という設定を考えてこうなりました。彼の魅力が伝わるように書けたらいいなあ…と思っています!

    2020年11月17日 19:18