於菟奇譚

作者 辰井圭斗

128

44人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 明治くらいの小説同人(たぶん)、病に臥せ連載を取りやめた寅吉さんと、雑誌を口実に彼を見舞う久さんのお話。
 言葉が出ません。完全に打ちのめされました。分量にしてわずか3,000文字強の掌編のはずなのですが、とてもそんな短さとは思えない。読み終えた瞬間のあの「ぐわっ」と来る感じというか、感情の揺さぶられ方みたいなものが、なんかもうとんでもないことになっていました。具体的には泣きました。すごいこれ。
 最後一行が大好きです。もう本当にここ、この一文の威力が凄まじすぎる。もちろんそれだけではないというか、そこまでの積み重ねあってのこの威力というのはわかるのですけれど、それでもやっぱりこの終わり方が最高すぎて……こういうのを「万感のこもった」というのか、そこから読み取れる意味の手触りが強く豊かすぎて、もう完全にこのひとことのために書かれた物語にしか見えないと、本当にそう思うくらいには大好きな締め方です。
 きっとこの一文でなけれ絶対こうまで揺さぶられなかった、というのもあるのですけれど。それ以上に〝ここで物語が終わっている〟のが本当にすごい。もうどうやってもうまく言える気がしないんですけど、別に何かが明かされたわけでも解決したわけでもないただのひとこと、なぜ「非道い」のかの理由でしかないちょっとした台詞の、その影に添うように在る思いが物語を結んでいる。つまり、〝文字で書かれてはいないもの〟(しかも容易には言い換えの効かない何か)でお話が締めくくられている。それも単に演出とかそういう話でなく、本当にこれ以上ないくらい正しい終わり方をしている——なんなら「確かにこの物語はこの一文が出た時点でこれ以上書くべきことがない」と深く納得させられてしまうような、この、もう、ねえどう言えばいいの!? わかって!? いや本当、打ちのめされたという言葉がしっくりきます。この終わり方はやばい……死人… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

久さんは、彼の小説を携えて同業の寅吉さんのところへ通います。
あまり、おおくは訪ねません。
久さんは、病を得た寅吉さんを気遣っているのです。
夏が過ぎ、秋が訪れて、けれど寅吉さんの具合は良くなりません。

気丈であった寅吉さんがついに弱音を口にした時、久さんは――。


読み終わるまでは、ほんの少し。
それでも、この物語は貴方の心にずっと残り続けます。
寅吉さんの言葉に全てが収斂され、貴方はきっと

「良いね、そう来なくっちゃならない」

そんなふうに言って、笑うのかもしれませんよ。