うさぎ荘スクランブル!

作者 鶴守 樹

36

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

よくあるハーレム物かと思いきやそんな甘い物ではなかったです。
主人公の真が徐々に素直になっていく様。
うさぎ荘のオーナーでありヒロインの春が素直になっていく様。
丁寧に描いています。
住人のひなたや清人たちにからかわれながら時にはケンカし、時には協力しあいます。
そんな中、うさぎ荘にトラブルが……。

キャッチコピーにあるようにヒューマンドラマでありラブコメでもあります。
話の内容的に登記の仕組みなどが物語内で説明されますが理解できなくても全く問題なくスラスラと読めてしまいます。

読めば本音でぶつかり合える仲間の大切さを教えてくれることでしょう。

★★★ Excellent!!!

主人公は僕。ヒーローであり物語の常、主人公。槍に刃は無い? 想いは刃の反数を数える。逆は? 刃の想い刃無しの語り。そこは知りたいか?
テンポはミデアムで、緩急に富んだ展開が特筆される。
僕はぼっち引きこもりだったため、恋愛経験はほぼ無い。片想いばかりだったと思われる。この賑やかな感じに僕は馴染めるのか? 全部は読めていないが、既に面白く、今後読むのを楽しみにしている。
このキャラ何処に置くのか忘れない!

★★★ Excellent!!!

変態主人公に天誅として繰り出される弾圧系必殺技!
これはラブコメディの皮を被ったヒューマンドラマです。

とにかく登場人物達が魅力的で、もう笑いがとまりません。シリアスとコメディの緩急がよく、ちょっと重いお話も、愛すべき変態主人公と、彼のまわりを彩る個性的なキャラクターが明るく花を添えてくれます。

ただお話自体はきちんとした骨子があり、
彼らの住むうさぎ壮の存続を絡め、二転三転するドラマが巻き起こります。

おそらくこの作品を中盤くらいまで読めば、
誰が好き?という論議になると思います。

ヒロインの春先輩も好きですが、
やっぱり弥生先輩推しです。

でも本当に好きなのは主人公。
こんな人が近くにいたら、きっと毎日楽しいです!

★★★ Excellent!!!

後見人とその問題及び土地の話。よく調べられていると思います。良い意味でカクヨムらしくないしっかりと良く調べられた話だと思います。ちゃんと検事・検察に詳しい人を出している。初めからきちんと練られた作品だと言う事が分かる設定でもありました。
 またキャラクターに関してはどのキャラクターも生き生きとしていてセンター張っている春先輩以外のキャラクターも十分生きていて「こいつうぜぇ」とか「このキャラ生きてるなぁ」などキャラごとに良くも悪くも感想が出てくる生きたキャラクターも見せてもらいました。確かに現代ドラマです。後見人の問題にもちゃんとスポットが当たっている作品。皆さんも一度お読みなられてはいかがでしょうか?
 私は小冬さんが一番のお気に入りです!

最後は割と驚ける結末になっています。
最後までお楽しみいただけること間違いなしです!!