お陽さまになったお月さま

作者 三久間 優偉

21

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

お月様は太陽に憧れていました。
皆んなが元気に活動している時に一緒にいられる太陽に。

だからある日お月様は太陽になりました。

そしたらどうなったと思いますか?

無い物ねだりは誰もが抱いてしまう気持ち。

でも、そんなあなたにもちゃんと大切な役割があるんです。

それを教えてもらえるお話です。

★★★ Excellent!!!

寂しくなってしまい、おひさまになってしまったお月さまのお話です。

もちろん地上は大混乱。人々の笑顔を見たかっただけのお月さまは、さて……?

それぞれの個性や役割があります。
小説を書いていると、ランキング上位の人や、書籍化した人を羨ましく思いますが、自分のスタイルというものがあります。

おひさまよりもお月さまが好きな人がいるように、あなたの書いた小説が好き、という人もきっといますよね。

ほのぼとのとしたお話ながらも、そっと勇気づけてくれる童話です。

★★★ Excellent!!!

優しくて温かい作品です。

お陽さまに憧れるお月さまにだって大切な役割があります。

それを優しい物語にされた作品です。

それぞれ尊いということなのです💗
それは人間も同じこと、それぞれの個性に優劣はありません。

素敵な作品でした。

是非絵本にして欲しい作品です。