ヤンデレ魔王にペットとして異世界召喚されたが身の危険を感じるので反乱起こす

作者 中川大存

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全150話

更新

  1. プロローグ:「きっと中途半端なままなんだろうなって」
  2. 第一部【早死に不可避の魔王のペット、各務犬太郎】
  3. 第一話:「とりあえず受け入れよう」
  4. 第二話:「むべなるかなってところだろう」
  5. 第三話:「それが俺のジャスティス」
  6. 第四話:「犬養毅の気持ち考えろお前」
  7. 第五話:「笑顔でサムズアップ」
  8. 第六話:「俺たちはもうマブダチだろ」
  9. 第七話:「団塊の世代かよ」
  10. 第八話:「これ、使えるんじゃないか?」
  11. 第九話:「きっと素晴らしいところに」
  12. 第十話:「俺、進研ゼミじゃないんだけど……」
  13. 第十一話:「はじめてのおでかけwithモンスター」
  14. 第十二話:「血も涙も流すことなく」
  15. 第十三話:「究極まで煮詰めた嫌な予感」
  16. 第十四話:「解決の裏ルート」
  17. 第十五話:「俺の褒めを返してくれ」
  18. 第十六話:「パーンじゃなくてゴツッ」
  19. 第十七話:「超真顔」
  20. 第十八話:「子供の住む場所」
  21. 第十九話:「人族とか魔族とか」
  22. 第二十話:「それでも自分で」
  23. 第二部【非暴力主義の勇者、日輪正志】
  24. 第二十一話:「非常に気まずい対面」
  25. 第二十二話:「帰りたい」
  26. 第二十三話:「戦いたくないんです」
  27. 第二十四話:「皇族たるもの気の利いた警句の一つや二つ」
  28. 第二十五話:「無茶しないでください」
  29. 第二十六話:「かすかに見えるあなたの姿」
  30. 第二十七話:「誰かの助けがあれば」
  31. 第二十八話:「戦わない理由です」
  32. 第二十九話:「死はいつだって悲劇」
  33. 第三十話:「いつだって駆けつけますから」
  34. 第三十一話:「第六辺境領」
  35. 第三十二話:「第五辺境領」
  36. 第三十三話:「おうちに帰りますよ」
  37. 第三十四話:「なんとか間に合いました」
  38. 第三十五話:「第四辺境領」
  39. 第三十六話:「繋がった気がした」
  40. 第三十七話:「それでも皆で」
  41. 第三部【嘘で塗り固めた指導者、ミラー・レイクノート】
  42. 第三十八話:「皆さん十数話ぶり」
  43. 第三十九話:「詰むじゃん」
  44. 第四十話:「褒めてやるぞ」
  45. 第四十一話:「退屈は何よりも耐え難い」
  46. 第四十二話:「科学と魔法の両面において」
  47. 第四十三話:「抄訳をお送りしました」
  48. 第四十四話:「刺さるわー」
  49. 第四十五話:「帝国上層部のさる高貴なお方」
  50. 第四十六話:「舌打ちを百連発」
  51. 第四十七話:「中途半端な俺は」
  52. 第四十八話:「おそらくはこれが彼の目的」
  53. 第四十九話:「貴様は反逆者だ」
  54. 第五十話:「昼飯出てないんだけど」
  55. 第五十一話:「一発頼むわ」
  56. 第五十二話:「俺でしかいられない」
  57. 第五十三話:「少しばかり協力させてもらったよ」
  58. 第五十四話:「勝者のごとく堂々と」
  59. 第四部【異世界からやって来た男たち】
  60. 第五十五話:「あなたを知りたかった」
  61. 第五十六話:「勇者なんだ」
  62. 第五十七話:「選ぶがいい」
  63. 第五十八話:「君は前を向きなさい」
  64. 第五十九話:「気休めなんかじゃない」
  65. 第六十話:「削るわけにはいかない」
  66. 第六十一話:「初めて魔法を」
  67. 第六十二話:「終わっていなかった」
  68. 第六十三話:「この先どうなるか」
  69. 第六十四話:「私の穏やかなる治世」
  70. 第六十五話:「せめて未来に幸運を期待しながら」
  71. 第六十六話:「動かぬ証拠です」
  72. 第六十七話:「思い出作りには十分だ」
  73. 第六十八話:「あいにく私は現実主義者でしてね」
  74. 第六十九話:「俺の名前は各務犬太郎」
  75. 第七十話:「この場を生き延びる方法は」
  76. 第七十一話:「すべてをつなぎ合わせると」
  77. 第七十二話:「オゼットは」
  78. 第五部【異世界からやって来た男エクストラ】
  79. 第七十三話:「俺にオトモダチなんかいねえ」
  80. 第七十四話:「こいつのお喋りは苦手だ」
  81. 第七十五話:「あらゆる枠組みから外れて」
  82. 第七十六話:「咎める資格なんてねえだろ」
  83. 第七十七話:「いつかボロが出るだろこんなモン」
  84. 第七十八話:「こいつの矛盾した性格は」
  85. 第七十九話:「忠臣か、叛逆者か」
  86. 第八十話:「戦の駆け引きとは」
  87. 第八十一話:「死地を踏んだことなど数知れぬ」
  88. 第八十二話:「信頼を裏切る人間は」
  89. 第八十三話:「荒っぽいようで存外律儀だな」
  90. 第八十四話:「いえーい」
  91. 第八十五話:「まこと浮世は面倒だらけじゃ」
  92. 第八十六話:「こんなにも」
  93. 第八十七話:「子分が子分なら」
  94. 第八十八話:「六年が」
  95. 第八十九話:「頭がこんがらがってきやがるな」
  96. 第九十話:「おはようございます。じゃなくて」
  97. 第九十一話:「そなたがいるのだから」
  98. 第九十二話:「たとえ軍部を敵に回してでも」
  99. 第九十三話:「形振り構わず来てやがる」
  100. 第九十四話:「すでに戦争の渦中にいる」
  101. 第九十五話:「無理すんじゃねえぞ」
  102. 第九十六話:「そいつはお前の専売特許だ」
  103. 第九十七話:「あんた、変わったな」
  104. 第九十八話:「どうか公正なご判断を」
  105. 第九十九話:「いくつかの」
  106. 第百話:「穏やかな世界」
  107. 第百一話:「軽蔑すら向けるに値しない」
  108. 第百二話:「償うことに命を使え」
  109. 第百三話:「あってはならないことなのだよ」
  110. 第百四話:「私は勝手なのじゃ」
  111. 第百五話:「生まれ変わったような気分なのだ」
  112. 第六部【この世界に生きるすべて】
  113. 第百六話:「あらすじを説明するぜ」
  114. 第百七話:「誰よりも知っているはずなのに」
  115. 第百八話:「俺もお前くらい強ければ」
  116. 第百九話:「たとえ死後でも」
  117. 第百十話:「希望の光満ちる夜明けの到来を」
  118. 第百十一話:「カガミさんは殺される」
  119. 第百十二話:「他者を偽る最上の方法は」
  120. 第百十三話:「まともな戦いにすらならないかもしれない」
  121. 第百十四話:「違った意味で震えるけど」
  122. 第百十五話:「世界のあらゆる」
  123. 第百十六話:「時と場合くらい選ぶわよ」
  124. 第百十七話:「理想主義者で構わない」
  125. 第百十八話:「いくつもの不可能状況」
  126. 第百十九話:「心強い話ではないかね」
  127. 第百二十話:「砕けざるを欲するならば」
  128. 第百二十一話:「ほの見えた一本の糸」
  129. 第百二十二話:「お前にだけは駆けつけて欲しい」
  130. 第百二十三話「どこか面白がるように」
  131. 第百二十四話「私は懺悔する」
  132. 第百二十五話:「見渡す限り無明の闇だとしても」
  133. 第百二十六話:「事前に知っていた」
  134. 第百二十七話:「ほんの一瞬を刻むだけ」
  135. 第百二十八話:「苦しみを消し去るには」
  136. 第百二十九話:「太陽の下の真夜中」
  137. 第百三十話:「分け隔てなく尊いもの」
  138. 第百三十一話:「徒花と散る」
  139. 第百三十二話:「僕の目指すものじゃない」
  140. 第百三十三話:「たすけて」
  141. 第百三十四話:「驚くことなんて何もないのよ」
  142. 第百三十五話:「春風に吹かれて佇むように」
  143. 第百三十六話:「すべてを騙して」
  144. 第百三十七話:「決して歩みを止めません」
  145. 第百三十八話:「虚影の国」
  146. 第百三十九話:「反乱の旗を」
  147. 第百四十話:「ごめんな」
  148. 第百四十一話:「あなたを止めます」
  149. 第百四十二話:「長い時間をかけて積み上げた」
  150. 第百四十三話:「ゆっくり待とう」
  151. 第百四十四話:「理想への道が出来上がる」
  152. 第百四十五話:「この一手が世界を変える」
  153. 第百四十六話:「魔王として、私はそれを」
  154. 第百四十七話:「再び会える日は」
  155. 第百四十八話:「僕がいるべき場所」
  156. エピローグ:「それが最高の人生だ」