5話

 地上からはるか数十メートル。煙を上げる工場群を眼下に、どんよりとした空の下を、一本のホウキが風をきる。

 ホウキを操る少女の後ろで、少年は危機に瀕していた…

「マンチェスターまで、あとどれくらいなの?」

「さあね。」

 二人乗りのホウキが空を駆ける。

「えっと…このまま空を飛んでいくの?」

「ええ、そうよ。」

 ……

「…あの…」

「なによもうさっきから!質問ばっかり。何か言いたいことでも?」

 少年は意を決した。

「…酔った…吐きそう…」

「…は?」

「…ごめん。」

 それが少年の最後の言葉だった。

 少女はホウキの後ろに目をやり、そして叫んだ。


 ギャー!


   *


「ホント、最低!」

「う…ごめん…まさかホウキで酔うとは…」

 緑あふれる郊外の田舎道を歩く。

「もう一生あんたなんかホウキに乗せてあげない。ロンドンまで徒歩で帰りなさいよ!」

「うぅ…すみません…」

 自分でも反省している。まさか、空の上で朝食を戻してしまうとは…でも見方によれば貴重な経験なのでは?

 ホワイトは機嫌を直してくれるだろうか…話を変えよう。

「ホワイト、目的地はマンチェスターだけど、一体何しに行くの?」

「ああ、あんたにはまだ言ってなかったわね。」

 彼女はまだ怒っているのだろうか、若干すねた口調で続けた。

「情報を買うの。」

「情報…?」

「ええ、情報よ。今の時代、情報を持つか持たないかで大きく立場が変わるの。だからマンチェスターまで来て、情報提供者から買うの。わかった?」

「うん…」

 情報の売買…。ふと、疑問が口に出た。

「情報って…お父さんの…?」

 今思えば余計な一言だった。

彼女は立ち止まり、僕に振り返って鋭い視線を向けた。

「…誰から聞いたの」

「えっ…えっと…」

 僕は、昨日スミスから聞いた話を伝えた。

「あのクソ科学者…余計なことを…」

 ホワイトは舌打ちをしながら毒を吐く。

「ご、ごめん…無神経な質問だったね…」

 彼女は改めて僕に向きなおった。

「いいのよ、別に。隠すことじゃないわ。…そうよ、私は父を探しているの。それで今回も、父の情報が手に入るかもって思ってマンチェスターまで来てる。…まあ…もう無駄かもしれないけど…」

 彼女の伏せた目に、僕は反射的に言葉を返していた。

「無駄なんかじゃないよ…うん、無駄なんかじゃない。僕も精一杯手伝うからさ…お父さんは絶対に見つかるよ。」

 彼女の目は未だ虚空を見つめていた。

「…ふん……行くわよ。」

 彼女は再び体を進行方向に向け、歩き出した。

 人の心の中はわからない。何を思い、何を考えているのか。ホワイトはまるで氷におおわれた彫像のように、冷たく、危うい。ただ、少しでもその氷を溶かすことが出来たなら、少しでも心が安らいでくれれば、僕は…。

 青々とした木々と木漏れ日に囲まれながら歩くその姿は、どこか儚く、どこか寂しげな様子だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る