聖女の魔力は万能です

橘 由華/カドカワBOOKS公式

プロローグ


 ある日突然【聖女召喚の儀】で異世界にび出された。




 それは深夜遅く、仕事から帰宅し、玄関で靴を脱ごうとしたところで起こった。

 突然足元から白い光があふれ出し、あまりのまぶしさに目を閉じた。

 次に目を開けたところ、目の前に見えたのは住み慣れたマンションのキッチンではなく、石造りの壁に囲まれた二十畳程度の部屋だった。

「成功したぞ!」

「「「おおおおおおおおおおおおお!!!」」」

 何やら騒がしいけど、それを無視して周りを見渡す。

 正面にはサーコートを着込んだ騎士のような人や、足首まであるローブを着込んだ人が思い思いに喜び合っていた。

 騎士達はそれぞれの肩をたたき合う等しながら笑い合い、ローブ姿の人達は床にへたり込んでいるものの、一仕事やり遂げたというようなていで顔にほのかな笑みを浮かべている。

 床を見ると何やら線が引いてある。

 線は黒色で、微妙に床と同化していたため、よく目を凝らさないと見えなかったが、線で引かれた物は魔法陣のようであった。

 右側を見ると壁であり、左側を見るとこの部屋で唯一、私と同じような服を着た女の子がいた。

 同じような服といってもスーツ等ではなく、ニットにスカートというカジュアルな格好で、有体に言えば現代の服を着ていた。

 そう、周りの人間は私と彼女以外、よろいだったりローブだったり、ここはゲームの中か? と突っ込みたくなるような服を着ている。

 見慣れた格好をしているのは私と彼女だけだった。

 女の子は十代中頃から後半といったところだろうか。

 未だぼうぜんとしたまま、床に座り込んでいる。

 私と同じく突然この状況に放り込まれたのだろう。

 正直なところ、私も何が何だか分からず叫び出したい気分ではあったが、少しでも落ち着いて状況の把握に努めようと必死だったりする。

 周りの状況を一通り把握したところで、左側の女の子の更に向こう側にあるドアが開き、数人の人間が部屋に入ってきた。

 先頭はロココスタイル without ヅラといった格好の、所謂いわゆる貴族のような格好をした赤髪の超イケメン、その後ろは黒髪のイケメン騎士が一人と、赤髪の男の子よりは地味な貴族服を着た濃紺の髪の、これまたイケメンな青年が一人。

 様子から察するに、赤髪君が王子様、騎士は近衛、青年は高い地位にある文官といったところだろうか。

 それにしても、赤い髪って……。

 あんなドギツい色に染めるなんて、将来禿げるぞ。

 なんて、少しばかり現実逃避をしているうちに、先頭を歩いていた赤髪君は床に座り込んでいる女の子の前にひざまずくと、すこぶるいい笑顔でこう言った。

「貴女が【聖女】か?」

 ……。

 …………。

 ………………。

 ……………………はい?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る