第26話 培って来たものを

『gaaaaaaaa!!!』


先程のような人語ではなく、正真正銘、獣の声で俺たちを威嚇する。もちろん見据える先は、


「ちょ、ちょっと、あいつ来てるんですけど。ソラさん!いつもの、いつもの!」

「まだ準備が出来てないんだって、とりあえずティア、頼んだ!」


俺の呼び掛けに応じ、ゴリラに突進する。キメラとの戦闘でレベルが上がったのか、しっかり受け止められる。けれど、その顔は辛そうだ。


「今のうちに補助呪文を....」

「えーと、〖パワード〗〖プロテクト〗」


よし、これなら行けるな。まぁ、キメラを倒した俺たちだし、よゆーだろ。

このタイミングの間に、落とし穴を仕掛け、投擲ナイフを持つ。


「ティアと互角って感じか、これじゃあどっちがゴリラかわかんないな。」

「失礼だけど、同感だわ。今の街でここまでやれるのってそういないと思うし」

「ねぇねぇ、打っていい?打っていい?」

「目をキラキラさせるな。あと1発しか打てないんだろ?トドメで頼む」

「忘れてたわ。そういや1発しか打てないんだったわね」


こいつまじか。まだ鳥の方が頭いいんじゃないか。

残念な人を見る目で見つめていると、ティアがゴリラに徐々に押し勝っていた。


「こんなに、余裕に勝てるとか初めてだよな。毎回セリナが爆発させたりしてたのに」

「ふふん、私は学習したのよ。考えて打たないとダメって」

「お前さっきそれ、出来てなかったじゃないか。お前本当に賢い魔法使いなのか?実は、スクロールとか使ってるんじゃないか?」

「その証明をしないといけないわね。面貸しなさい」

「クエスト終わってからな」


そんな他愛もない会話をしていると、ゴリラに抱きつき腕を無効化した姿勢になったティアがいた。


「セ、セリナさんやっちゃってください!」

「任されたわ!お菓子の恨み、今こそ返すわ!とっておきよ!〖メガボム〗」

「やったの?!」

「ちょ、黙ってろよ!」


余計なフラグをたてやがったが、きっと倒せたよな?今までで1番火力高いし。

まぁ、倒せたんだから、コロコロと転がっているティアは見ないようにしよう。きっと許してくれるさ。


「おら、報告のためにこいつの1部持ってくぞ。剥ぎ取り手伝えよ」

「も、もう無理、頭痛いし気分も悪いし。内蔵が口から出てきそう」

「おいおい、酒の飲み過ぎか?さっきの時飲みすぎたな?」

「ち、違うわよ...魔力がたんないのよ。」


そういって、パタンと倒れるセリナ。

いっつも魔力がなかったら静かなのに。


「グレアは....吹き飛ばされてんな。どんだけ力がないんだこいつ。もう1人でするか。」


仲間を諦めて、ゴリラに近づこうとすると、ゼェゼェと息が聞こえる。ティアか?


「おーい、疲れたのか?剥ぎ取りするから、離れてくれー」


しかし、応答はない。

あれぇ?

どうやら、ティアは爆風に巻き込まれて気絶したようだ。

無理もないよな、ゴリラを盾にしていたてとはいえ、モロだもんな。


「もうゴリラの方を....ええ!」


見ると、ゴリラがムクっと起き上がっていた。


「ティア!は、無理か。グレアも吹き飛ばされてるし、セリナは魔力がないし、無理じゃんこれ!」


そう、戦えるのは俺だけ。戦闘能力の低い俺だけ。


「しかも、手負いの野生動物だぞ?!強いって漫画で呼んだことある!」

『graaaaaaaaaaa!!』


俺にあるのは、投擲と煙と目くらましと罠だけ。いけるか?


「やるしかないよな、こいつらのために。なんだかんだ楽しいんだ!これでも喰らえ!」


俺は、スキルを使い顔にナイフを投げる。ゴリラも満身創痍なのか、手で受け止める。そして、近づいてくる。


「おら、こいよ!空さんが軽く遊んでやるよ!」

『gaaaaaaaaa!』


迫るゴリラ。それに俺は....


「......近くで見るとでかいってぇぇええええ!!!」


逃げていた。


「くっそ、しかも早いって流石だな!クソッタレ!」


しかし、盗賊は元々すばやさは早いもの。何とか追いつかれずにいた。

しかし、ゴリラも頭がいいのか、手頃な石を投げてくる。


「あっぶね、かすったぞ。しかも風を割いてたよ!あんなの食らったらアウトだアウト。」


そう、確かにこっちは早いが、近づかれたらアウトなのである。そして俺にあまり攻撃手段はないと来た。

うん、無理。


「こういう時こそ、師匠の応用だ!」


木々の間を走り、唐突に曲がり、そこに簡易な罠を作る。罠と言っても窪みができる程度だ。

しかし、全力で走っている敵のバランスを崩すには、それで充分だった。


「よし、〖投擲〗」


すかさず、ナイフを3つ続けて投げる。心臓を狙い、胸に投げ、刺さる。が、分厚い筋肉に阻まれ届かない。


「流石ゴリラさんだ、きっとドラミングでハーレムしてたんだろうなああああぁぁぁ」


心臓には届かないが、それによって怯ませることはできた。充分だ。


「これでも流し込んでやんよ!〖スモッグ〗」


体にある全魔力を込めて、口の中に手を突っ込み腰についてある毒ポーションで、毒属性になった煙をながしこむ。


『?!』

「いたたたたたたた、腕取れる。腕取れるって!」


俺が突っ込んだ手を、噛みちぎろうと腕に歯をくい込ませる。肉が裂け、骨が軋む。

その痛みに意識が飛びそうになるが、何度もその痛みに叩き起される。


「いい加減、くたばれよ!」


胸に刺さったナイフを殴り、奥に押し込む。感触が硬い。

それに思わず噛む口を緩め、俺を勢いよく岩に殴り飛ばす。

そこで、俺の意識は途絶える。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る