第17話 勇者への褒美は

「あああ、俺にもとうとう素敵なイベントが回ってきたか」


苦節数週間、始まりは拉致、そしてポンコツなメンバーと会い命の危険にさらされながら何とか生きながらえ、どうにかこうにかたどり着きました宝の前!


「じゃあ、あけるぞ」


全員が喉を鳴らして、扉の先を見つめる。そこには.....


「あれじゃん、見るからに伝説の剣じゃん」


辺りは、今までとは違う黒い鉄でできた床。その中央には剣が刺さっていた。


「あれね?選ばれし者しかうんたらかんたらのやつね」

「これはこれは、すごい魔力を感じるわね。多分そこら辺の武器の数倍もあるわよ」

「剣ですか、私が引き抜いてみていいですか?」


ティアは、恐る恐る引き抜くために近づいていく。そして、剣の柄に手を伸ばし力を加える。


「ふん、ふん!ぐぐぐぐ.....っはぁ抜けませんね」


怪力虚しく全く抜けない。数分後、諦めたのか疲れた表情で座り込む。 そしてよく聞く不正解の音が鳴り響く。


『ブブー』バーン


ついでにたらいも落ちてくる。


「ちょ、なんなんですかこの剣!伝説だからって調子に乗ってるんですか?!」

「無機物にあたるなって....、そういうこともあるさ」


ガツンガツンと、剣を蹴るティア。荒れすぎだろ.....。


「どうする?私たちは使わないし、部屋の探索してるわね」

「ティアは残念だったわね。あ、あんた早く引き抜きなさいよ。」

「おい、その扱いの差はなんだ。......まぁ、俺が引き抜いて後悔させてやるからな」

「あなた、そう言って成功したことある?」

「・・・・ないけど。」

「ぷっ」


この女は!いつか寝てる時に埋めてやる。

さっきは勇者のような活躍だったが、判断基準はそこではないらしいし、引き抜くか。


「まぁ見てろって」


女神以外の神さま、俺に力を。

剣の柄を握り、力を込めるといきなり剣が光を帯び始める。


「うお、遂に無双が始まるのか?!俺にも?!」

「あんた、いつの間にそんなにことになったのよ。その手を離しなさいよ!」

「見た目に反して将来有望だったようね」

「うぅ、負けました」


徐々に剣を引きぬいていき、どんどん光が溢れてくる。抜き終えると、剣がふわりと浮いていく。

あれか?剣に宿る妖精が俺と喋るシーンね。そういうパターンね。


『------っぷはぁ!なんやなんや起こしてくれたんか!』


は?

全員が、拍子抜けとばかりに、ダメなものを見る目で見ている。


『お、べっぴんさんばっかりやんけ!どの子が起こしてくれたんや?』

「俺ですけど」

『あ?キャラ作る必要もなかったか。気分下がるわ。』


なんだろう、このての気配は浴びるほど感じてきたからわかる。駄目な聖剣だコレ。


『お?あんちゃん、ダメとは失礼やなダメとは。これでも昔はブイブイ言わしたんやで?』

「頭の中読めんのかよ、面倒なやつだな。チェンジで」

『はー?』


俺たちが剣と喧嘩していると、女性陣からはなにやらヒソヒソ話していた。


「どうしようかしら、あの残念なやつ」

「私はいらないですね。外れてほんとに良かったですよ」

「もう空に押し付ける?」

「そうしましょう。私あんなの使いたくないです」

「そうね」

「おいテメェら聞こえてんぞ。俺も要らないからな」


ほんとにこんなのが強いのか?俺はゴメンだね。


『黙って聞いていれば、酷い言われようやな。というかついて行く気はないで?俺には俺の剣権があるんや』

「なんだコイツ、ダジャレなんておっさんかよ。ていうか使われろよ」

『綺麗な姉ちゃんが相手してくれるならええけど、転生者がこんなんじゃわいも嫌やで。じゃあ行くから』


解放した時のような光に包まれると、不自然な足がニョキっと生えてくる。


『ほな!』


そのまま走り去ってしまった。


「結局宝は無しかよ。」

「仕方ないけど、そういうこともあるわね」

「ねぇ、これみて。なにか書いてあるわよ?」


どれどれ、日本語か?


「見たことない文字ですね」

「これ日本語か?」

「読めるの?!」

「ま、まぁ」


どれどれ.....。


〖ここに、我が傑作について記す。始めに書いておくが、出力は傑作なのだが性格がカスなことを許してくれ。だが聞いて欲しい、私の苦労の日々を〗


「おい早くやれよー。チートあるんだろ?おっそいなぁ」


いつものように精霊が急かしてくる。この世界の精霊は、取り付く道具を用意しないとうるさいから、どうも好きになれない。


「おらっ!早くしろよ!」


後頭部をがしがし蹴られる。

美人だからいいんだけどね?足とか好きだからいいんだけどね?


それから3週間がたった。ようやく派遣していた冒険者が、素材が集まったらしく、剣を完成させることだ成功したこと。

あ、私チーターなもんで材料さえあればすぐ作れるんすよ。俺すげえええ!


「じゃあ、これでよろしく」

「お、なかなかいい出来じゃねぇか。じゃあ早速」


でも、散々罵倒されて蹴られたんだから逆襲してもいいよな?

精霊が中に入った頃合を見計らい、俺は瞬間的に封印装置を作り、そこに差し込む。


「ありがとう精霊。君の足は綺麗だったが、どうにも臭かった。そこで眠りなさい。」


ということで、引き抜く日と後はよろしく。あとホモじゃないよ。


-----------------------


「おいなんだこれ、解き放っていいやつなのか?」

「いい?私たちは何も見なかった。いいわね」

「珍しく気が合うな。忘れることにするよ」


いいね?何も見なかった。いいね?

俺たちは、疲労感を感じつつ家に帰るのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る