第16話 ボス戦

「ど、どうする?行けそうか?」

「キメラって揃って強敵よ?私たちの手に負えるとは思えないんだけど。」

「ですねぇ、多分ゴリラより強いですしね。」

「逃げましょ!死んじゃうって!」


でも、相手はそんなに待ってくれないようで、その巨体を軽々と持ち上げ飛びかかってくる。


「無理だ、みんな。とりあえずティアは前衛を頼む!」

「無理ですって、ボコボコにされます!」

「いいから頼む」


襲いかかってくるキメラを、ティアが止めるが、パッと見でも力負けしてることが分かる。


「グレア、援護を!」

「ええ、『パワー』」


全身に力がみなぎるが、ティアが押し負けていることには変わりがない。


「無理か?なら次はセリナだ!いつもの頼む。」

「任されたわ、『ボムⅡ』」


しかし効果がうすく、辛そうに呻くが効果的な印象は受けない。攻撃されたこと怒ったのか、キメラはティアを吹き飛ばし、グレアに迫る。


「逃げろ!『ダークネス』」


しかし、レベル差とでも言うのか、まったく効かない。力は自信が無いんだが。

俺は、横から蹴りを食らわせるが効果が薄く、何とかグレアが逃げるも俺の上にキメラは乗っていた。


『gyaoooooooooo!!!』

「ちょ、助けて!さっきのは謝るから。ほら干し肉だよー!」


もうダメだ!スキルもアイテムも何かないのか!

俺の中で走馬灯が走る。それは異世界に来てからの出来事だった。


「おいセリナ!頼むからしつこく値切ろうとしないでくれ!苦情が来てんだ」

「なんで魔物に人魔法浴びせないと気が済まないんだお前は!」

「酒飲んで暴れないでくれよ....賠償金の請求が来てんだよ。」


グレアとは日が浅いし、召喚されてからも日が浅いけど、なんだかんだで充実した人生だったなぁ。日本にいた頃は、特に恋愛することも無く、このまま寂しく生きるのかなぁ、なんて思って過ごしてたなぁ。ん?待てよ?ティアが酒を飲んだ時って決まって何でもへし折ってたよな。入口の荷物中には、確かに薄めて飲む酒の丸薬が.......。


「ま.....だ.....終わってねぇ!セリナカバンの中に酒の玉があったろ!後はわかるな?」

「あ、そういう事ね。わかったわ!」


でも、間に合うか?

必死に抑えるが、奮闘虚しく力負けしてしまう。


「いだあああああああああ、早くー、セリナ様ー!」


ちょ、本気で痛い。無理無理。

危うく意識が飛びそうになるも、痛みで何度も無理やり起こされる。


「くそったれ!これでも喰らえ!」


剣を目に突き刺す。キメラが呻くが、離してくれそうにない。


「待たせたわね!ティア、これを食べて!」

「酒臭いですけどこれ、なんなんですか?」

「いいから」


引き離そうと必死のテイアに、無理やりねじ込む。すると、すぐに顔を真っ赤にし酔いがまわる。


「うぃーーーヒック」


これでどうだ?


「さっきからよォ、うちのリーダーをよォ、良くもがぶがぶしてくれたな?」


ティアは、剣で腹の当たりを剣で切り裂く。

ティアの方が危険だと判断したのか、噛むのをやめてティアから距離を取る」


『grrrrrrrrr』


先程の俺たちへの対応は、遊んでいたのだろう。毛を逆立たせ、じっと睨みつける。その対峙を破ったのは決めただった。高温の炎をティアに吐きつける。


「臭いですよ、はくらいみがいてくらさい」


しかし、そんなものものともせずに近づく。

こいつ、主人公か?俺なんかよりよっぽど覚醒してんじゃん。


「おらおらぁ!ティア様が食べてやるよ!」


キメラの目の前まで来ると、襲いかかってくるキメラを受け止め、それを両手で投げる。そして怯んだ隙に剣を突き刺す。そしていつの日か見たマウントの体制に入る。


「これか、これがいいかオラ!さっきはよくもやってくれたなぁ!」


ヒェ、顔が血まみれになってんじゃん。返り血も凄まじいし。



数分後、キメラが動かなくなったことに満足したのか、眠りにつく。


「「「おぇぇえええええ」」」


そのキメラの惨い姿に、俺たちは嘔吐してしまう。


「あいつ本当に、人殺してないのか?」

「た、多分ね」

「あの子、愛くるしい見た目してなんでやつなのかしら」

「この作戦は、これからはしないようにしよう。」


俺たちは目を見合せ、頷き会う。


「じゃあ、倒したところで奥に行きましょ」

「お、そうだった。お楽しみのお宝タイムだ!」

「キメラなんて住み着いているところだから、いいものがありそうね」

「おい待てよ、お前なんかしたか?」


グレアが、気まずそうに目をそらす。

こいつ、確か逃げたところまではいいがコケて気絶してたよな。


「や、やったわよ?応援とか」

「気絶してて、それもしてないじゃねぇか。張り倒すぞ」

「まあまぁ、いいじゃないの。道中は活躍したのよね?したんだよね?」

「お前、デカいしドジっ子だし行き遅れてるとか、属性つきすぎだろ。」

「それには文句があるけど、少しはちょうだいね?」

「しょうがねぇな」


よくよく考えたら、俺も足引っ張ったんだった。あんまり言うと、俺にも飛び火しそうだからやめよう。


「じゃあ、私が一番乗りね!」


セリナがダッシュで扉まで駆け寄る。

ていうか、ここの遺跡ほんとにゲームっぽかったよなぁ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る