第13話 落とし穴

「ちょ見つけたわよくそザル!捕まえてサーカスに売り払ってやるわ!」


目を血走らせながら、セリナがゴリラに猛ダッシュする。

この絵面まずいだろ、女子がしちゃ行けない顔だろ。


『うほぉっ?!』


ほらぁ、ゴリラもなんか逃げちゃったじゃん。


「ちょっと待て!固まって動かないと!」

「待てやああああああああああ」

「しょうがない、2人とも、振り切られないようにしっかり走ってくれよ。」

「は、はい!」

「ちょ、お姉さんにはしんどいんだけど。私力ないのよ。」

「何言ってんだ!運んでやるからまってろ。よし、ティアは足側な俺は頭の方やるから。」

「ガッテンです。」

「え?背負ってくれるんじゃ....いやよ!こんなの物みたいじゃない!」

「贅沢言うな、後でお菓子でも買ってやるから。」


我ながら、タンスを運ぶみたいに持ってるから申し訳ないが、これ楽だわ。




数分走っていると、セリナとゴリラが対峙しており、セリナは避けることしかできていなかった。


「ちょ、卑怯よ!こっちは全員揃ってないのよ!まって、殴りかからないで!」


さっきのゴリラは、よっぽど追いかけられたことが悔しかったのか、血気盛んに襲っていた。


「ちょ、空達じゃない!早く助けてよ!」

「もうちょっと頼む」


セリナには悪いが、観察させてもらおう。見た感じ紫の毛並みに筋肉量が多く、足はあまり早くないが腕がとにかく大きい。

足はそこまで強そうじゃないから、小さな落とし穴でこかせられそうだな。後は、決め手だが。


「ティアは、なんかスキルないのか?」

「私は『スラッシュ』と、1発だけですが『チャージ』が使えます。」




*説明するわ、女神よ!この2つのスキルは、一撃 の斬撃を強化するスキルなんだけど、チャージは特殊で、発動したら一定時間貯めたあと、スラッシュの3倍のダメージを与えることが出来るわ!最近、ドロドロの昼ドラに手を出した女神ちゃんでした!




「じゃあ、いつものように罠で隙を作るから、適当に怒らせてくれ。」

「頑張ります!」

「私は何をすればいいかしら?」

「お前は、補助呪文をかけた後周囲の警戒をしてくれ。」

「それはいいけど戦えないわよ?」

「僧侶なんだろ?攻撃の方もできるって聞いたぞ」

「実はね、私は何故か攻撃が初期値のままなの。なんか上がんないのよね」

「初期値って、補正なしかよ......。風にも飛ばされるんじゃないだろうな。」

「たまにコケるわね」

「コケちゃうのかよ!.....呪文をかけたら隠れててくれ。」


確かに、頭が弱いだけかと思ってたが、落とし穴あったか。これじゃあスクロールと変わらなくね?


「じゃあ、行くか。」

「では、突撃します!」

「2人とも頑張ってきてね。〖プロテクション〗〖パワード〗」


俺は早速罠をぺたぺたと作っていると、悲痛な叫びが聞こえてくる。


「やっと助けに来てくれたのね、ありがとう!本当にありがとう!」

「いいからティアと変われ!ったく、走り出しやがって」


今にもコケそうな姿勢で走ってくる。

あ、お前。


「ちょ......。」


俺の作成中の罠にかかり、コケる。


「うわあああああん、私をみんながいじめるぅぅぅぅ。」

「お前だって、何度も俺のスキル見てるだろ!いい加減覚えてくれ!」

「だってだって!」

「いいから呪文を唱えててくれ、頼むから、ほら鼻チーんってして。」

「ぐすっ、分かったわよ....。」


後はティアだが。どうやらヤバそうだ。


「ぐっ、まだまだァ!」


見れば、いつものように力で制しておらず、完璧におもちゃのように遊ばれていた。


「やっぱり相手が悪すぎたか、準備できたからこっちまで来れるか?来れないよな、掴まれてるもんな。」

「ちょ、離して!」


ティアも、剣を突き立てるが小さな切り傷が出来るだけで、硬い皮を貫通できない。


「くそ、高いんだがな。〖アイスボール〗」


俺は、あの時買ったスクロールの最後の1枚である、氷の玉を飛ばす魔術を使い、顔面に直撃する。

すると、意表をつかれたかのように少し怯む。


「さぁ早く回ってこい!」

「ハァハァ....連れ去られるかと思いましたよ。」

「じゃあ、さっき話したとおりに、よろしくな。」

「いいわ!ありったけぶち込んでやるわ!」


逆襲できるのがそんなに嬉しいのか、さっきの機嫌がうそのように晴れ、打てるのを今か今かとまっている。

そして、ゴリラは顔に着いた氷がやっと剥がれたのか、こちらをじっと見つめ走ってくる。


「いいぞ......今だ!」


ゴリラの、膝までか入る罠にハマり体制が崩れる。


「いくわよ!〖ボムⅡ〗!!!!!」


とても魔力を込めたのか、爆発の規模が大きすぎる。


「お前、なんてこ.....」


爆発の衝撃により、周りの地盤が崩れ空間の中に落ちる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る