第3話 クエストへ

「いい?最近はこの街も賑やかだから、私の傍から離れるんじゃないわよ?」


平原をぬけ、街に入るとそこは、レンガを基調とした街並みが拡がっており、商人やら武装した人達で賑わっていた。


「あなたにはこれから、私のパーティになるために、冒険者登録して欲しいのよ。」


たしか初心者の街って女神が言ってたし、そういうのが盛んなんだろうか。


「だから今から行くのがあそこ。」


指を指した方向には、酒場のような佇まいの、周りより2回りほど大きい建物だった。


「あそこはギルドって言って、あそこで冒険者登録ができる、私たちの拠点みたいなもんよ。」


へぇー、思ったより綺麗だな、荒くれ者が多そうだとは思ったんだけど、そんなことは無いのか?


「じゃあ入るけど、お行儀良くしてるのよ?」

「はいはい」

「本当にしてるのよ?」



中に入ると、各々が報酬に嬉々としたり、作戦会議したり等、活気で充ちていた。


「すいませーん、この子に冒険者登録できますか?」

「はいはい登録ですね。」


セリナが、丁寧に受付のお姉さんに話しかける。


「では、この用紙に名前と歳と.....こちらに指を押し付けて貰えますか?はいはいそうです。」

「意外と簡単なんだな」


指示されるがままに手続きを済ませ、お姉さんは紙を受け取ると、奥にある水晶にかざして、なにか紙を錬成?していた。


「はい、これがあなたの冒険者カードですよ」

「あ、どうも」

「もしかしたら冴えないあんたに、物凄い才能があったりしてね」

「才能?ステータスかな?あと一言余計だぞ。」


どうしようかなー、これでとんでもなかったら。大騒ぎになっちゃうなー。


天谷空 Lv1 ジョブ 平民

力 13

物理防御 9

魔法 11

魔法防御 10

速さ 9


スキル 夜行性


技 未習得


これは高いのか?


「驚くほど普通ね、いやバランスがいいから器用.......いや器用貧乏ね。夜行性って何かしら」

「・・・・」


召喚物ってさ、スキルの部分にとんでもないものがあったり、初めから高ステータスだったりしてさ、登録する時とかに、『なんて人なの!?』くらいあるじゃん。でも器用貧乏らしいですよ奥さん。しかも夜行性って何、俺は犬か。


「ま、まあ。レベルを上げた時に、他の人よりたくさん伸びるかもしれないですし、まだ諦める時ではありませんよ!」

「ぐぬぬ、これで俺の実力が、決まったわけじゃないし!」


お姉さんの言葉が胸に染みる。


「ステータスなんてきっとかざりよ!クエスト行きましょクエスト!」

「そうだよな!飾りだよな!気を取り直してクエストだ!」

「・・・この子を誘ったのは失敗だったかしら」

「おい、人を失敗だとか言うんじゃない。心臓がキュッとなるだろ」

「さぁーて、どんなクエストがあるかしらね」

「聞けよ!」


まぁ、怒っても変わらないよな。我慢だ我慢、あなたは勇者となる者なのよ、心頭滅却よ。

心を落ち着かせていると、張り紙を持ってセリナが近づいてくる。


「ねぇねぇ!」

「はいはい」

「クエストはこれにしましょうよ!」

「どれどれ、デスタイラントの捕獲.....却下だ」

「なんでー?沢山稼げるわよ。」

「俺は、そんなイカついやつと戦ったら、指先ひとつでダウンされそうだよ。レベル1だよ?採集とかないの?」

「確かにそうよね、ちょっと探してくるわ。」


大丈夫なんだろうな?次は魔王とか持ってこないよな?


「これなんてどうかしら!キノコを1キロ取るだけでこんなに貰えるのよ!」

「キノコを取るだけか、いざとなったら戦わず逃げたらいいし、これにするか。」

「そうと決まったら軽く準備をしてダッシュで行くわよ!」



ウキウキさせるその背中に、一抹の不安を感じる空であった。

また爆破されないよな?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る