第2ハードモード

「クソっ、いきなり飛ばしやがって.....」


目を開けると、遠くに壁に囲まれた街があり、本で見るような平原が、周辺に広がっていた。


「しかし、ここが異世界か?外国みたいだ。モンスターとかはいないのか?」


お決まりなら、スライムが出てきてもおかしくないんだが.....。


「のどかだよなー」


ボケーッとしていると、腰に見慣れない袋がついている事に気づく。


「スマホに、小銭入れに剣一本.....」


てか、剣とかどう入ってたんだよ。袋の大きさ超えてんじゃねえか、これが異世界ファンタジー?


「しかし、なんでスマホが?」


電源を入れると、某snsアプリだけがぽつんと入ってる状態だった。

どれどれ.....友達のところに、女神の欄があるんだが。なにこれ。


「snsのみのサポートはしないよな!ハハハ」


きっといつかは、他のサポートも受けられるよな?


「とりあえず使ってみるか。」


『あのー女神様、私はこれからどうすれば』

〖ようやく着いたようね、街が見えるかしら?〗

『見えますね、でっかいのが』

〖とりあえず、あそこは初心者の街だから、あそこで適当に稼いでね❤( ´ ▽ ` )ノヨロー〗

『それってどうすれば?クエストでも受けるんですか?』

〖そこら辺は、適当にね。ゲームはやったことあるでしょ?〗

『そりゃまあありますけど....具体的にどうすれば?』

『女神様?』

『おーい』

『👋🏻』

〖私はドラマ見るから〗


おいコラ女神。仕事放り投げてんじゃねぇ。


「しかたない、とりあえず街か....」


とぼとぼと歩き出すと、目の前にぴょこぴょこと、スライムがはねていることに気づく。

あれスライムじゃね?おおお!テンション上がってきた!


「よし!初めての獲物はお前に決めた!」


スライムに向かって全力で切り掛る。しかし、がら空きの腹に体当たりの一撃を食らい、悶絶する。


「くううぅぅぅ..........こいつ!」


怒りに任せた剣は、容易くスライムに避けられ、体当たりを横腹にくらい倒れる。

ちくしょう!全然当たんねぇ!


「こいつ、ぴょこぴょこと!」


当たりそうにないし、どうしよう。1発くらいはぶち込んでやりたいんだけど。


「こいつら、仲間思いなんだな.....」


見ると、辺りには4匹新たにスライムが加わっており、取り囲まれる形になっていた。


「これ、結構まずいんじゃないか?さすがにこれは逃げれなさそうなんだが。」

「そこまでよ!魔物たち!」


まさかそんなご都合展開が!でも早く!


「あら?あなた見ない顔ね!何処の出身かしら?」

「ちょ(ドカ)そんなこと言ってる暇は(バキ)早く助けて!」

「まあまあ、待ちなさいな!」


そう言って呪文を唱え出すが、片足はスライムに絡み取られ、他のスライムも侵食しようとしていた。


「早く!助けてぇ!」

「..........よし!行くわよ〖ボムI〗」


呪文が起動し、足元に魔法陣が浮かぶ。


「これって、死.....


爆発に吹き飛ばされ、モンスターもろとも吹き飛ばされる。


「大丈夫?」

「大丈夫?じゃねえよ!何考えてんだ!」

「あなた頑丈なのね。」

「そうだな!体中やけどで痛いけどな!」

「そっかー、それは申し訳ないことしたねー。」


こいつに、他人を気遣うという気持ちは無いのか。少しも悪びれる様子ねぇし!


「あなた弱っちいのに、なんでこんな所にいたの?スライムって結構強いわよ?」

「でも、見た目はそんなふうには見えないけど。」

「スライムっていうのはね、動きは早いし、魔法以外は効果は薄いから、結構危なかったわよ。」


たしかに、結構たべられかけたよな.....。


「あなた、相当な世間知らずね?いいわ、お姉さんのパーティに入れてあげる。」

「えぇー....」

「何よ、その嫌な顔は。遅くなって悪かったわよ。」


やべぇやつでも、この世界に来たばっかりだし、案内人はいるよな。


「・・・・わかった、俺は天谷空、これからよろしくな。」

「アマヤソラ?珍しい名前ね。私はセリナ ラフィーネ。セリナ先輩って呼んで。」


まぁ、美人な人だし、異世界ものとしては良いすべり出しだよな?中身は少し不安だけど。


「言っておくけど、後輩なんだから私の言うことは聞きなさいよ。例えば、喉乾いたって言ったら飲み物を買ってくるとか、お腹すいたって言ったら....」


不安は的中だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る