このパーティ何かがおかしい

しゃけ

本編

第1話 拉致

「天谷空、残念ながら、あなたの人生は終わってしまいました。」


目覚ましうるせぇな。今日は休みだろ?


「目覚めなさい」


しつこいな、今日の目覚ましは。意地でも起きないからな。


「・・・目覚めなさい」


ちょっと口調強くない?仕方ない起きて止めるか........。


「キャーーーーーーー!!!!!」

「?!」


目の前の不審な女性が、驚いている。どこだここ?自分の部屋ではない、部屋なのかもよく分からないな、ここ。


「コホン、では話を進めますね。」

「あ、すみません」

「私は、日本の女神です。早速ですが、あなたの人生は終わってしまいました。」


えっ


「ですが、あなたには次の人生があります。」


次の人生?死んだのか....?死んだんだよな?ほんとに?俺寝てたよね?


「あのー....」

「なんでしょう?」

「死因が思い出せないんですけど、俺ってどうやって死んだんすか?」


女性の動きが一瞬止まる。


「あなたは、車に跳ねられそうな犬を助けようとして、引かれてしまいました.....」

「マジすか?」

「マジです」


そうだったか?記憶の最後は寝る前なんだが。まぁ、そんな感じだったかな?犬アレルギーだけど。


「そんな善行を積んだあなたには、二度目の生である、転生の権利が与えられます。」

「えぇ?!転生ですか!」


あの!ハーレムでチートでウハウハな転生か!


「そうですよ、転生ですよ。しかも剣と魔法の王道世界です。」

「まじですか!俺の時代がついに!」


そしてこのあとに、アレがね、貰えるよね?

チートで万能なあれね。


「では、合意ということなので早速お連れしますね。」


ん?


「あれ?特典とかないんですか?ほら転生ですし」

「残念ながら、最近は転生者がとても多く、特典が不足しておりまして.....」


えぇ.....。


「ですが!私たち女神による、全力のサポートをお約束します!」

「それってどんなことを「サポートです」


有無も言わせないという雰囲気だな。しかし、胡散臭さが半端ない。こういう、勢いで判断力を失わせる詐欺、あったよな.....。というか結構おかしなとこあるし。・・・・断っとくか。


「やっぱ俺、怖いので普通に転生させてください。」

「残念ながらそれはできません、日本への転生は、人が多くて定員オーバーなのです。」


なんだか世知辛いなぁ。


「じゃあ天国とかって」

「ありますけど、娯楽なんてものはありませんよ?あるのは、雲の床に青空だけで、退屈なのではないでしょうか?」


ふむ、もとから俺に選択肢なんてなかったか....。


「じゃ、じゃあ異世界で」

「では、早速行ってらっしゃい!」

「え、ちょ説明ってないんですか?!」

「ですから異世界へ」

「この身一つでいけと?アドバイスくらいあってもいいんじゃないんですか?」

「仕方ないですね、では最低限のアイテムは授けてあげましょう。」


なんでこいつ厚かましそうに見てくるんだ。


「神託は随時あげますから、ほら早く。

.......拉致って来るやつ間違えたな.....」

「いまなんて言った。」

「では、魔王を倒したら元の世界に返してあげるので、それまで頑張ってー」

「ちょ、魔王ってな「えい!」



かくして、主人公天谷空の苦難の旅は始まるのであった。特典や神器も無しに、半ば強引に。


「お前、いつか這い上がってきてやるからなー!それまで逃げんじゃねぇぞおおおおあぉぉぉぉ.......!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る