空に走る ―戦友を救え― 【葵編】

作者 愛果 桃世

40

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

はじめまして。企画に応募、ありがとうございました!
ということで、拝読しました。
戦争の小説はよく読みます。だいたい切ないものになっているから。ところがタイムリープも混ぜてくるとは予想外でした。
ユニークさがでてよかったです。
描写はまぁまぁです。(私の作品もひっそりと企画に参加させています)
失礼しました。

★★ Very Good!!

ありきたりな特攻ものではなく、少しファンタジー、SF要素も入っていますが、違和感なく読めるのは、作者さんの文章力、構成力、秀逸なアイデア力ゆえでしょう。
太平洋戦争のお話ですが、作風?が、オルタナティブなので、若い方に特におすすめです。
非現実的要素はあるものの、とても感動的でした。